FC2ブログ
4月に住所変更の申請手続きしていた滞在許可証のを引き取りに行った。すでに一か月以上前に出来たよ、と、Convocation の手紙が来ていたけれど、なかなか取りに行けなかったので。

朝一、8時半に県庁に行ったらがらがらにすいていて、3番目だった。申請した時は、同じ木曜日だったけれど時間帯が良くなかったのか、1時間以上待ったのに。

今朝は2時ごろ、ウォルフィーと庭に出たら満天の星が綺麗でびっくりした!
月が出ていなくて、うっすらと天の川も見えていたかも。
20190703_200915.jpg

2019.07.04 Thu l フランス生活 l コメント (0) l top
今年は、子供たちは23日に帰省するというので、本当は一緒に買いに行きたかったけれど、時間が無いので小さめのクリスマスツリーを買って、飾りつけしました。

2018-12-19-001.jpg

2018-12-19-002.jpg

↓ウォルフィーも、自分のぬいぐるみをくわえて、
うろうろしながら(気持ち)手伝ってくれました^^
20181219_162023.jpg 

20181219_162137.jpg

2018.12.19 Wed l フランス生活 l コメント (0) l top
去年の春、この地方に引っ越してきましたが、今日は初めて近所の歯医者さんへ行ってきました。

2カ月ほど前、スーパーでお寿司を試食していたら歯の詰め物が取れてしまい、グーグルで評判の良い歯医者さんを検索。マリオン先生というらしい。女医さんで評判が良いなんて、才色兼備でドラマ、『僕らは奇跡でできている』の榮倉奈々さんみたいな先生かしら。ブルーか、ピンクのユニフォームを着て。

受付の女性に案内された待合室では、テーブルの上にはきちんと揃えられた各種雑誌、テレビからは静かにニュースが流れていて、なかなか良い感じ。

待っている間にスマホを操作しながら、フランス語のおさらい。
えーと、歯の詰め物は、un plombage、奥歯は une molaire、歯石を取ってください、は、Je voudrais me faire faire un détartrage, s'il vous plaît.・・・え、こんな長い文章言うのか?口の中で呪文を唱えるように何度も練習。

「ありがとうございました。どうぞ良い週末を。」、と、前の患者さんの挨拶が聞こえ、それから待合室のドアが開き、先生が現れました。
背の高い、・・・白衣の男の先生。
え?榮倉奈々先生は? マリオン先生はどこ? 今日はお休みで代理先生? と、私の頭の中。

「マリオン」という名前は、男性の名前でもあることを初めて知りました。ちなみにめずらしいケースらしい。
でも、先生はとても感じ良く、きちんと説明をしながら手早く、かつ丁寧に治療してくださいました。この先生なら、歯医者さんへ行くのも怖くないかな。取りあえず、今回の治療は一回で終わったので良かった!

今朝は霧の中をお散歩。
歯といえば、アマゾンでウォルフィー用に注文した、歯垢取り用スケーラーが届きました。今晩試してみます。
20181116_085958.jpg 

オスワリ!・・・それはフセじゃん、・・・今日はあまり気分の乗らないウォルフィーでした。
20181116_090118 (1) 
2018.11.16 Fri l フランス生活 l コメント (0) l top
先週は夫とウォルフィーとともに用事で車でパリ方面まで往復したのですが、出発して1時間半くらいでタイヤがパンクしてしまいました。はじめてのことで焦りました!

急に車が変な音がしだしたので、ハザードをつけ、スピードを落とし非常用電話スペースへ。
タイヤにネジが刺さって後輪がぺちゃんこにパンクしていました。

非常用電話では係員の人に車の車種、色、ナンバープレート、乗車人数、携帯電話番号、を聞かれました。そして乗車しているのは、大人二人と犬一匹と言うと、救援が来るまでハザードを点灯したまま、人間は車から外に出て安全ベストを着用しガードレールの外側へ避難、犬は車の中に置いて飛び出さないように、との指示がありました。なので、ウォルフィーはシートベルトつけたままひとり車の中。ごめんよー、ウォルフィー!!!

30分ほどで救援のトラックが来て、パンクタイヤを非常用タイヤに交換、30キロ先の町のガレージアドレスを教えてもらい、そこでは15分ほどで手際よくタイヤを交換してくれました。Saint-Amand-Montrond の BestDriveガレージさん、大変助かりました!

↓高速道路非常電話(2kmごとに設置されています)
20181024_091133s.jpg 

↓ネジがささってパンクした後輪。
20181024_085303s.jpg

↓車内に残されたウォルフィー(涙)
20181024_085308s.jpg
2018.10.27 Sat l フランス生活 l コメント (0) l top
1. https://www.centrale-canine.fr
2. Choisissez votre race
3. LOF Select
4. CONSULTER LA FICHE D'UN CHIEN
5. 探している犬の名前を入れる。

ウォルフィーの名前は、MADE TO LOVE WOLFY OF KARASEA というのですが、内訳は、
同胞犬共通の名前 : MADE TO LOVE
本犬の名前 = WOLFY
犬舎の名前 = OF KARASEA
となっています。

なので、MADE TO LOVE KARASEA を入力して、兄弟犬の名前を探すことができました!
その名は、マイコ (MAHIKO)くん! 
いつか会いたいなあ・・・、ふたりきりの兄弟だし・・・、子犬を選ぶ時、ものすごく迷ったし。

ついでに、名前を入力すると5代さかのぼって、直系犬を見ることができました。ウォルフィーの両親犬をたどっていくと、ジュリエット、ロメオ、そしてシシィのそれぞれの血がしっかり混ざっているのがわかり、ウォルフィーの中にはみんながいるんだーと、嬉しくなりました。

Wolfy 2017-12-05 

↓こんな感じの家系図
Wolfy sang


 
2017.12.06 Wed l フランス生活 l コメント (2) l top
友人が使っているというので、この度私も初めて、フランスのスーパーマーケット、ドライブ専用店で買い物をしてみました。

インターネットを使って注文、支払いを済ませ、選択した時間以降に受け取りに行きます。駐車場のボーンと呼ばれる無人機械に注文のバーコードをスキャンすると、係りの人が受け取り商品を運んできてくれて、車に詰めてくれます。果物野菜、玉子などは、傷んでいないか、割れていないか、一緒に確認します。生鮮食品の賞味期限も十分余裕のあるものでした。

なんて楽なの!!
家のストックや、金額を確認しながら注文するので、余計に買っちゃった、ということがなくなるし、あの広いスーパー内を、ショッピングカートを押しながら商品を探さなくて良いし、レジで列に並ばなくていいし、袋詰めしなくていいし。

いつもは、スーパーへ行く、というだけで出かける前から疲れていましたが、これなら全然疲れなくて余裕です。犬も気分転換に、一緒に車で出かけられるし。

大型スーパーへ買いに行くよりは、商品の選択肢は狭まりますが、普段の買い物には十分です。
これからも、大いに利用させてもらいたいと思いました。

まあ、日本だったら、ここにさらに自宅配送サービス、というのがつくのでしょうが。

↓スーパーの受け取り場。
Lecrerc photo

↓いつも買う商品など、リストで見られるし、お買い得商品もすぐに見つけられます。
leclerc.jpg
2017.11.29 Wed l フランス生活 l コメント (2) l top
先週の出来事でした。

朝、いつものように公園へ散歩へ出かけ、帰りはちょっとコースを変え、いつもとは違う町中を歩いていました。

向かいから黒人の背の高い男の人がこちらへ向かって歩いてきました。いつものように私は、犬が迷惑にならないよう、歩行者の進行方向からそれようと左の方へ寄りました。普通はそれで衝突がさけられるのですが、その人は私の避ける方向へ向かって来ます。そしてどんどん近づいて来て、ウォルフィーの間近で「ワン!」と、吠えました!(吠えたのはその人間ので、ウォルフィーではありません。)

目を合わすのも怖かったので無視を続け、ウォルフィーと一緒に赤になっていた信号も無視して、人通りのある方向へ逃げました。朝の8時半の出来事です。幸い、犬も人間も何事もなく無事でしたが、今までこんなことはなかったので、少しショックを受けた出来事でした。
2017.10.10 Tue l フランス生活 l コメント (0) l top
SNCFのCarte Jeune を購入してみました。ナントで大学生生活を始めた娘が、長い休みに帰ってくる時のためです。このカルトジュンヌ、対象年齢は12歳から27歳まで。会員費の50ユーロを払うと一年間有効で、購入する切符が最大30%引きとなります。

・・・が、最初から失敗です。娘が帰ってくるのは10月下旬なので、開始日を乗車日当日にすれば良かったのに、買った日付にしてしまい、1か月分無駄にしてしまいました。

SNCFのサイトで申し込んで支払い、印刷したプリントと支払いをしたクレジットカードを持って、最寄り駅の構内にある自動発券機のBorneで発券をし、インフォメーションでカードのケースと、写真を貼るシールをもらいました。それで発券されたカルトジュンヌに証明写真を貼ればいいのですが、写真の枠と上から貼るシールも小さかったので、写真を一回り小さくカットしなければなりませんでした。大きさに関しては、パスポートなどの身分証明書用写真よりアバウトでよさそうです(以前、息子が自分で駅に出向いて作りに行ったときは、係の人が写真の周囲を切ってくれたそうでです)。

カルトジュンヌと、さっそく割引で買った娘の帰郷用のEチケットを手にしてホッとしたのもつかの間、息子がこう言いました。

「乗車した時、割引のEチケットと一緒に、このカルトジュンヌと身分証明書を持参していないと、車内の検札で違反金をとられるよ。ランスからパリに帰ってくるとき、よくそういう子たちを電車の中でみたよ。」

はっ!どうせならこのカルトジュンヌ、娘がナントへ行く前に持たせてやればよかったー。
ということで、Eチケットとカルトジュンヌを別々の封筒で、郵便局から娘のアパートにあえて普通便で郵送しました。だって、書留とかにすると、わざわざ貴重品が入っていると書いているようなものだし、書留でも、クロノポストでも、なくなるときはなくなるし。無事に娘の手元まで届きますように・・・・。 

町の駅。息子とウォルフィー。
20170919_01.jpg 
2017.09.21 Thu l フランス生活 l コメント (2) l top
3週間くらい前に申請して、住所変更した滞在許可証を受け取りに、車で片道約1時間かけて、県庁のあるムーランMoulinsへ出かけてきました。ちょっと遠かったけれど、受付はそんなに混んでいなく、30分くらいで済んだので助かりました。

↓ムーランのノートルダム大聖堂。ステンドグラスがきれいでした。
20170803_132543.jpg 

その後は下駄箱を買いにクレルモン・フェランのIKEAへ。
誰かさんのせいで、靴やスリッパがことごとく食べられてしまうので。
でもこれでもう一安心! 
2017-08-24_geta.jpg 

数時間のお留守番がストレスだったのか、留守の間ずっと吠えていたのか?
家族が帰ってきてからぐっすりなウォルフィー。
20170824_174614.jpg 
  
2017.08.25 Fri l フランス生活 l コメント (0) l top
パスポートの期限、まだ1年くらいあったのですが、自宅がパリに近い今のうちにと思い、子供たちの日本のパスポートを更新しました。
娘は未成年なので5年、21歳の息子は今回10年パスポートです。22歳になるまでに国籍選択することになっていますが、その点については特に何も聞かれず、無事申請できてほっとしました。

2017.06.01 Thu l フランス生活 l コメント (2) l top