パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ランス Reims へ。

昨日は用事があって、シャンパンの産地で有名なランス Reims へ車で出かけました。
自宅からは車で約2時間、ランスに近づくと、緩やかな丘陵地帯に果てしなく麦畑や、ワイン畑が広がっていました。

ランスの中心ノートルダム大聖堂、かつてはフランス国王の戴冠式が行われたそうです。
とても立派で圧倒されました。

画像はこちらからお借りしました
reims-12625_w1000.jpg
【 2016/03/02 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

職業リセ、高校2年生の職場体験実習。

娘は転校して、この9月からAMA (Artisanat Métier d'Art)という商業デザインの高校に通っています。
来年1月の職場体験実習をするため、彼女は今日会社に赴き、書類にサインをもらってきました。

年に2回、期間1か月ずつの研修を自力で探さなければならないので、見つけるまでもなかなか大変です。
(息子の時は親の方が大変だった!)

今回はパリ近郊で自宅から1時間ほどのところにあるデザイン事務所で、RERとメトロを乗り継いで行きます。
時間は社会人と同じく、朝9時半~18時まで。
【 2015/10/23 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

パリ、テクノパレード

仮装してパリのテクノパレードに参加した息子と友人二コラ。

indianboysepia_400.jpg

technoparade_400.jpg

ThomasAlan_400.jpg
【 2015/09/19 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

息子の路上運転初日

なんだかんだもう一年以上自動車教習所へ通っている息子。

それでも先日、学科試験が受かり、昨日は初めての路上教習の日でした。フランスは最初から路上教習だけど。

最初は怖くてドキドキしたけれど面白かったそう。

ハンドルだけ握って、ギアチェンジは教官の方でやったとこのとで、なんだかそれって遊園地の乗り物みたい。

【 2015/08/27 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

高校一年生、企業研修。

高校一年生の娘の企業研修が始まりました。
期間は二週間です。

研修先の獣医さん、自分で探してきて張り切って出かけたものの、一日目にして動物の排泄の臭いで頭が痛くなった、とすでに弱音をはいています。

それでも、子猫を撫でたり、ゴールデンレトリバーを散歩させたりして楽しい一面もあったようですが

前回の、中学生の時の企業研修でも、パン屋さんでケーキを焼く臭いで吐きそうになったとか・・・。
やれやれです。
【 2015/06/15 】 子供たち | TB(-) | CM(6)

子供の子宮頸がんワクチン接種について。

先日の月曜日、機会があったので、婦人科の先生に娘のヒトパピローマワクチンの接種(la vaccination HPV) について質問しました。
娘は今年17歳になります。

フランスでは9歳から14歳の間に2回のワクチンを打つのを勧めています。
それを逃してしまったら、15歳から19歳の間に3回のワクチンを2か月の間隔で、6か月で接種します(それ以上間隔を開けてしまうと、ワクチン効果の保証がなくなるそうです)。

19歳までは国からの補助がでますが、20歳以上は自費になります。とても高価なワクチンです。

ワクチンの効果は15年。
私が、それは子供を産むまでの期間ですか?と尋ねると、先生は生涯の伴侶を見つけるまで効果的な時間、というように説明されていました。

フランスでは、国はあまり力を入れて勧めていないらしく、接種率は20%(日本は2012年の調査では62%)、先生はそれをnégligence (私は政府の怠慢だ、という訳に受け取りましたが)、と言っていて、結局こうして婦人科を訪れる母親に1人1人勧めていくのが現状だと言っていました。

副作用が恐くて接種を迷っているのですが、と伝えると、先生の答えは、副作用は他の疾患によって引き起こされたもので、ワクチン自体にリスクはない、とおっしゃっていました。

一度HASのサイトで、vaccin HPV を検索して、読むことを勧められました。全部フランス語なので、夫に助けを借りたいと思います。

19歳までまだ少し時間があるので、今のところは、それまで待ってみたいと思います。
【 2015/05/06 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

高校の一般公開日、訪問。

現在普通高校一年生の長女、昨日の土曜日は、転校希望先の商業高校の一般公開日へ行ってきました。
それで決心は固まったようです。

その場で先生に質問したそうです。高校2年から編入することは出来るのか、それとももう一度一年生からやり直した方が良いのかと。

その質問に先生は、高校2年から編入してきた生徒もいるけれど、やはり一年生から専門的なことを勉強してこなかったので、理解に時間がかかる、できれば一年生のプログラムから始めた方が良い、とのことでした。

明日は高校に2015-2016年度の申し込みの用紙を送り、その後面接を受けることになるでしょう。
【 2015/03/29 】 子供たち | TB(-) | CM(0)

高校を変わりたい!?

「今の高校ではやりたいこと見つからないし、つまらないから兄さんと同じ高校に転校する。」

普通高校に通う、現在一年生の娘が、昨夜、突然言い放ちました。
商業デザインを勉強して、卒業後はアニメーションの分野に進みたいようです。

青天の霹靂、とはこのこと?
でも、娘には言ったんですよ、高校入学前、

「デザインが好きなら、お兄ちゃんと同じ高校へ行く選択もあるんだよ。」

、と。
普通校からプロフェッショナル(商業高校)に転校にとなると、もういちど一年生からやり直さなくてはならないかも。
・・・新学期は9月から。今からの課題です。
【 2015/03/04 】 子供たち | TB(-) | CM(8)

研修生たちとラクレット

息子の通っているリセ・プロフェッショナルは、一年に2回、約一か月間の企業研修期間があって、その研修先の会社は自分たちで見つけなければならないので、結構大変です。

で、自営業の我が家にも研修先にあぶれてしまった?クラスメートが3人、研修に来ています。
夫が引き受ける、というので。
息子と合わせて4人。女子二人、男子二人って感じです。

普段、研修生の子供たちはお弁当を持ってきます。
どんなお弁当かというと、昨日の夕食の残りだったり、冷凍ピザだったり。
デザートに果物のコンポートを持ってきている上りが、フランス人ぽいなと思いました。
(うちの冷蔵庫に入れているので見える)

で、話の流れで今日の昼食はみんなでラクレットを食べようということになり、総勢7人分の支度をすることに。
企業研修をしている、というより、バカンスの子供たちを引き受けている気がします~(笑)
【 2014/11/26 】 子供たち | TB(-) | CM(6)

16歳になったので、市役所へ行ってきました。Le recensement à 16 ans

フランス国籍を持つ娘が16歳になったので、今日は市役所へ行って手続きをしてきました。

Le recensement à 16 ans : 16歳の誕生日から、3か月以内に市役所へ行きます。
(息子の場合はすっかり忘れて、17歳になってから登録しましたが)

登録に必要なのは、身分証明書 carte d'identité、両親の家族手帳 Livret de famille、住所を証明する書類 Taxe habitationなど、です。

手続きは無料です。

そうすると、17歳を過ぎたころに、召集状が届いて、一日軍事講習を受けます。
一昔の兵役サービスに変わるものです。

市役所で、登録の証明書を発行してくれるので、サインをして大切に保管します。
数枚コピーを取るように、勧められました。

この証明書は、バカロレアの試験や、車の免許を取るときに必要になります。
オリジナルは見せる必要があっても、渡しません。コピーで代用します。(←と、市役所の人が言っていた)

そうそう、教習所では、中学生の時に学校でもらったASSR2 (Attestation scolaire de sécurité routière) の提出が必要になるので、無くさないようにきちんと保管しましょう!
(我が家の息子の場合、知らなくて、昔の段ボールをひっくり返してようやく見つけました。)

↑そんなのフランスに住んでいれば常識でしょ?なんでこんな記事書くの?って感じなのかもしれませんが、常識の無い私はこれらで失敗してきましたので。
【 2014/09/26 】 子供たち | TB(-) | CM(-)