パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

娘とパリへ、さぬきうどんを食べに行く。

トゥサンのヴァカンス中、何もやることがなくて暇にしている中学生の娘のリクエストで、今日は母子二人で電車に乗ってパリまで行って来ました。(高校生の息子はポルト・ド・ヴェルサイユの見本市会場で開催されている、ゲームショーに朝早ーくから友達と誘い合わせ出かけてしまいました。)

実は、パリ郊外に引っ越してから電車でパリへ行くのは私も初めて。

なのに、電気系統の故障とかで、通常目的地まで一時間で到着するところを二時間もかかり、帰りも遅れ、娘は電車での移動が、乗換えがあったりと思っていたより大変だったようで(←普通乗り換えあるんだよ)、しばらくはもうパリは行かなくて良いとのこと。

昨日までは、エッフェル塔にも登りたいと意気込んでいたのにねえ。

パリ市内ではピラミッドの駅で降りて、日本の本屋さん、ジュンク堂近くで話題の『さぬき家』という、うどん屋で昼食。

好物のざるうどんが、前に行ったレストランと比べて2ユーロも安い!と感動していたわが娘^^;

美味しいうどんで満たされた後は、ジュンク堂で可愛い文房具をみたりウィンドウショッピング。

オペラ座方面へ向かい、ブックオフを覗き、激混みのユニクロを通過し、また地下鉄に乗って凱旋門へ。

凱旋門も、登るのに学生で6ユーロ、大人で9.5ユーロかかるというので、混んで人も並んでいたので、麓で写真をとって良しとしました。

シャンゼリゼ通りを散歩し、大道芸人のパフォーマンスを見たり、ヴァージン・メガストア・シャンゼリゼ店の撤退前に訪れ、ショッピングしようと娘は漫画一冊を手に取ったものの、レジが長蛇の列でまたもやリタイア。商品を棚に戻して店を後にしました。

そういえば日本のパン屋さん、『AKI』でイチゴのショートケーキを食べるのも忘れちゃったし、田舎のネズミが二匹、慣れない事して疲れた一日でした。
【 2012/10/31 】 日々のこと | TB(-) | CM(-)

ルーブル美術館でスケッチの宿題。

高校生の息子からのメールが入った。

「今、ルーブル美術館で友達一緒に絵のスケッチをしている。さっと描いて終わったら帰る。」

グラフィックデザインのリセ・プロフェッショナル校へ通う息子は、このトゥサンのバカンス中、学校の宿題の課題で美術館へ行ってスケッチをしてくること、とあるらしい。

今朝は、リュックサックの中に画材道具を入れてパリへ出かけた息子。Tくんも一緒。

以前、美術館でスケッチをしている人とか見かけて、

「本当に絵が好きな人なんだなあ。」

と感心していたけれど、実は学校の宿題に追われていたりもしてたのね。

でも高校生が友達と連れ立って、美術館の絵の前で熱心にスケッチしている姿を想像すると、なんだか好ましい。
【 2012/10/28 】 子供たち | TB(-) | CM(4)

長男の友人がやってきた。

フランスでは2週間のトゥサンのバカンスがはじまりました。

息子は、午前中は高校の友達と約束をして、パリのオペラ・ユニクロへ冬物の服を買いに行き(めちゃめちゃ混んでいたそう!!)、その足で午後はパリ・リヨン駅へ、遥々サン・トロペからやってきたハイジ友人Tくんを迎えに行きました。

たった今自宅へ到着したところでTくん、寒くてびっくりしています。

これから二週間、楽しく過ごしてくれることを願って。
【 2012/10/27 】 子供たち | TB(-) | CM(-)

寝違えて中学校を欠席した娘。

「ママ、首が痛くて起きられない!!」

「寝違えちゃったの?大丈夫よ、静かに首を動かさないように起きれば。良くあることだし。」

「本当に、痛くて起きられないの(涙) 学校行けない。」

「ええっ!寝違えで学校休むなんて聞いたことないよ。今日は何の科目があるの?」

「一時間目に理科のテストがあるけど・・・、昨日の夜一生懸命勉強したのが無駄になっちゃった。」

「せめて、その理科のテストをがんばって受けてから早退したら?」

「ママ。日本の学校じゃないんだからそんなにテスト心配しなくて大丈夫だよ。それに後日追試できるから平気だよ。午後はスペイン語だけれど今日はコンサートの歌を聞くだけだから。それよりこれじゃあ痛くて授業も聞いてられないし。」

「でもさ、学校になんて行ったらいいの? 風邪で熱出したっていう?」

「あのね、明日からバカンスなのに、風邪なんて行ったらバカンスをフライングしたと思われちゃうじゃない。ちゃんと寝違えだって連絡して。」

「わかったけど、、、じゃあちょっと待って。学校へ電話する前にフランス語、紙に書いてみないと。寝違えって、トルティコリ、だった?」

「もういい、ママ、紙かして。私が書くからママはこの通りに電話かけて。」

- ○○クラス○○○の母ですが、娘は今朝首を寝違えて、ベッドから本当に起き上がることができません。申し訳ないのですが今日は家で休ませることにします。

「さあママ、ここで電話かけてみて。ママがフランス語で電話するところ、聞いてみたいから。」

「そんなのやだよ!下でかけてくるから。」

と、中学校へ欠席連絡を入れたのですが、寝違えで休むと言って、学校側も普通にそれで納得していました。

寝違えで休みってありなのね。


【 2012/10/26 】 子供たち | TB(-) | CM(-)

湯沸しポット、カルキの汚れをお酢できれいに。

ポットの中に水のかわりにホワイトビネガーを注ぎ、一度沸騰させたらあっという間にカルキが取れて綺麗になりました!

その後は酢を捨て、水ですすぎ洗いし、念のためもういちど沸騰さたお湯も捨てておくと酢の匂いも残りません。

vinaigre-blanc-416667.jpg

引っ越してから3ヶ月、以前住んでいたところでは特に気にならなかったのですが、水質が変わったせいか、湯沸しポットにカルキが付くようになりました。

ネットで調べてみると酢で綺麗になるというので試してみたら本当に綺麗になりました。

酢を沸騰させず、一晩つけておくだけでも良いそうです。

他にも方法があれば教えてください。
【 2012/10/25 】 フランス生活 | TB(-) | CM(-)

仏語の書き取りサイト

フランス語の書き取り、やった方が良いんだろうな、と思って探してみたらこんなサイトがすぐにみつかりました。

http://www.ladictee.fr/

ゆっくりと何度も読んでくれるし、答えも載っているので、すごく使いやすいです!

書き取りは、CE2(8歳レベル)から始めていますが、私にはちょうどよさそうです(ていうか、その下のレベルないし)。

書き取り→音読→暗唱

ノートに書き取れるようになったら、メモ帳にも写して、ちょっとした空き時間、子どものお迎えを待っている車の中でとか、音読、暗唱の練習をしていますが、問題はいつまで続くか???

昨日からはじめたところですが、毎日少しずつでも続けたいです。
【 2012/10/24 】 仏語の勉強 | TB(-) | CM(-)

年末恒例のチップ、カレンダーの季節が来た。

夕方家のチャイムが鳴って、誰かと思ったら生活ゴミ収集係りの人が二人、カレンダーを持ってやってきました。

年末恒例、チップを渡します。

でも全く念頭においてなかったので軽いパニック。持ってきたカレンダーを選ぶ振りをしながら、いくら渡せば良いのかとあたふたと計算。

前に住んでいたところは、町中で個別収集とかなかったし、5ユーロ渡していたけれどここは5ユーロじゃ恨まれそう!

普通ゴミのゴミ箱がうちは二個あるし・・・いっか、10ユーロで。(この後の郵便の人も、消防の人もみんな10ユーロでいいかな? いつ来られてもいいように、お札用意しておかないとだよ。)

良い年末を~と去っていきましたがまだ10月、ちょっと早くない?
【 2012/10/23 】 フランス生活 | TB(-) | CM(-)

庭に遊びに来たキツツキ。

何の音だろう、と思ったら、本当にキツツキが庭の木をくちばしでつついていました!

写真は近くの芝生までやってきたキツツキくん。

間近でみて、とても感動しました!

04_20121023181040.jpg

03_20121023181040.jpg

02_20121023181039.jpg

01_20121023181039.jpg
【 2012/10/23 】 日々のこと | TB(-) | CM(4)

サモエドみつけた!

サモエドという犬種は、ここフランスでも珍しく、普段なかなか見かけることはありません。

でもでも!

今朝、娘を中学校へ車で送っていった帰り、前方にサモエドを連れた親子発見!(←めずらしいと言ってるそばから普段にみかけてる?) 小学校へ通学途中のようでした。

白いフサフサの大きな犬が、めちゃめちゃおしゃべりしながら歩いていたので、ああ、やっぱりサモエドに間違いないだろうと確信。

うれしくて、ゆっくりと追い越し際に思わずクラクションをならしてしまったのですが(怪しい自分)、車の後ろに乗っている我が家のサモエド・ロメオに気づいたそのお母さんと姉弟から「わーーー」と、歓声があがりました!

話を聞いたところ(←車止めているし)、彼女のサモエドは女の子でまだ1歳とのこと。お互い他のサモエドに会うのはめずらしよね、とか、子供たちがジュリエットを見て、わー、二匹いる!、とか、この町に住んでいるの? などと短い話を交わしました。通学路で混んでいなければもっとお話したかったのですが・・・サモエドちゃんのお名前を聞くのを忘れてしまいましたが、同じ町に住んでいるし、いずれどこかでまたすれ違えるといいな。とっても綺麗で可愛いサモエドちゃんでした。

こんな些細なことですが、おかげで一日の気分が明るくはじまりました。


↓ロメオ、車に乗っていつもいっしょに学校まで行きます。
IMG00036_20121022201109.jpg

【 2012/10/22 】 サモエド | TB(-) | CM(0)

バカンスに2週間泊まりにくる。

今度の土曜日から、息子の中高と一緒だった仲良しの友人が南仏ヴァール県から泊まりに来る。期間はトゥサンのバカンスの間二週間ほど・・・なのでなんとなく気分が憂鬱になっている自分。

いや、遊びにきて、泊まっていってくれるのは全然良いんだけど・・・でも二週間って長いような気がする、と思うのは私だけ?

トゥサンのバカンスの間中ずーっとだもん。

そんなに長い間、家族でも泊まっていったことないし。

と思うのは私が日本人で、私の家族も日本人だから?

フランスではバカンスの間二週間とか、子どもを友人宅に送り込むのって普通のことなのだろうか。

誰か「それ普通のことだよ。」って言ってくれたら私も諦めがつくんだけど^^;

普段通りの生活を心がけ、子どもたち同士に任せ、自分は張り切って特別なことはしない、けれど居心地悪くないように勤める。程度で過ごそうと思っているけれど。

うちは犬達がいるから、遠距離で旅行とか出かけられないし。

クララの遊び相手にハイジを遠くから呼び寄せたように、バカンスの間、息子の遊び相手を雇ったと思う、とか(おいおい)

他にもうひとつ心配なことは、息子は12月の高校のカリキュラムにある3週間の仕事研修先を自分で見つけなくちゃならないんだけど、電話をかけては断られ、現在までまだ見つかっていない。このバカンス中に探さないと後がないのに、大丈夫か息子よ。

あー、何で本人が心配しないで私ばかり憂鬱になっているんだろう!
【 2012/10/21 】 子供たち | TB(-) | CM(2)