シシィのブログ~サモエドと一緒~

日々の生活記録を書き散らしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

サモエドたち、獣医さんのところへ

「ママ、ちょっと体触ってみてよ。」

と、先日13歳になったサモエドのジュリエットがいうので、マッサージがてらチェックしていたら、首周りの皮膚に大きなかたまりを発見!

絡みついている毛を夫と一緒にはがしてみると・・・なんだか皮膚に穴が開いているようで、早速獣医さんのところへ。

先日、ちょっとあったロメオも(睾丸が腫れちゃって獣医さんで薬をもらって飲んでいた)、その予後を見てもらいたくて一緒に連れて行った。

ジュリエットのは皮膚の腫瘍で、その場で軽い手術。局部麻酔、カッターのような刃で皮膚ごとざっくり腫瘍を切って、ホチキス?で5か所くらい皮膚をふさいだ。

その間、うるさかったのはロメオ・・・なんにもしていないのに! ジュリエットは大人しく診察と手術を受けているのにね。

動物も、メスの方が痛みに強いとか?

ロメオの方は、塗り薬を出しておきましょう、ということだった。

写真はロメオと庭掃除。

IMG_0269_640.jpg

IMG_0276_640.jpg

IMG_0277_640.jpg
【 2014/04/24 】 サモエド | TB(-) | CM(3)

鷺対策 Sauver nos Koïs

大きな羽を伸ばして悠々と空を飛ぶ鷺の姿は美しく見事ですが、コイを飼い始めてからは怪鳥に見えてしまうようになりました・・・。

鷺には、9匹のうち結局4匹が食べられてしまったようです。その手から逃れた残りの5匹のコイを守ろうと、ガーデンショップのトリュフォーで、ネットを購入、池に張り巡らせました。

今までは、鳥が来ると光線や、猛禽類の鳴き声を発生するセンサーを使っていたのですが、こちらは我が家の場合、効果がなかったようです。

で、ネットを買に行ったのは娘とパパですが、新たに3匹のチビコイ(5cmくらい)も連れて帰ってきました(^^; 

今度はみんなそろって大きく成長しますように。

Nous avons acheté un filet de protection à Truffaut pour sauver nos 5 Koïs. Ma fille y a trouvé 3 nouveaux koïs. J'espère les hérons ne reviennent plus !!
【 2014/04/19 】 日々のこと | TB(-) | CM(0)

鯉が生き延びていた!!

サギに全部食べられてしまった・・・と思っていた庭の池の鯉が生きていた!!

9匹中、5匹の生存確認!!






【 2014/04/17 】 日々のこと | TB(-) | CM(2)

オーヴェルニュのお城へ。

サモエド達は犬舎に預け、先週の金曜日は、家族でオーヴェルニュ地方のお城へ出かけてきました。

天気も良く、お城の前のビーチは、まるで初夏のよう。

子供たちはこのビーチがすっかり気に入ったようでした。

0IMG_0213_400.jpg

0IMG_0215_400.jpg

0IMG_0225_400.jpg

0IMG_0229_400.jpg

0IMG_0232_400.jpg

IMG_0245_400.jpg
【 2014/04/17 】 フランスの風景 | TB(-) | CM(0)

行方不明の荷物が見つかった!

昨日の記事の続きです。

今日の午後、老婦人が我が家を訪ねてきました。

大きな荷物を持って・・・それこそ、行方不明になっていた私の荷物でした!

我が家の隣は空き家で誰も住んでいないのですが、月に一度、その婦人は家主に頼まれて、風通しにやってきます。

マダム「この荷物が、玄関先に放置されていたのよ。あなた宛てだけれど、壊れたりしていないかしら?」

私  「こんなに重いのに(12キロ)申し訳ありません。ありがとうございます。ドッグフードなので大丈夫だと思います。」

宅配業者の兄ちゃんが、配達アドレスを間違えたうえ、荷物をお隣の門越しに放り込んで行ったらしい。

ラベルには、私の携帯電話の電話番号もプリントされていたのに・・・なぜ電話しなかった!!

メールで問い合わせしていた業者のGLSからは何の返事もなかったので、ショップの方へことの経緯を説明したメールを送った。

ジュリエットの糖尿病用に購入しているフードで、普通のペットショップでは買えないものだったので、届いてほっとした。

余裕をもって買っているつもりだったけれど、業者をあてにせず、早めの備えでもっと気をつけなければ。
【 2014/04/09 】 フランス生活 | TB(-) | CM(6)

フランスの宅配ってどうなってるの?(怒)

フランスの宅配サービスは最悪だ、ということは、フランスで生活してる人にとっては常識だけど・・・それでも腹立たしい~~~!!

二日連続で事件は起こった。

昨日は、DHL便にて二件荷物を待っていた。

一つは外国からの超重要書類の船積書類・・・届くはずなのに届かなくて、追跡したらデリバリー済み・・・結局、二軒先の会社へ、その書類と、もう一個の荷物が誤配されていた。

二つ目の事件。

ドッグフードを注文して一週間過ぎても届かないので、昨日、発送先のショップへ問い合わせた。

配送業者はGLS(←そもそも聞いたことのない配送業者)

1日~2日中に到着するはずです、との返事と一緒に送られてきた追跡番号で検索をかけると、配送中だった。

でも昨日中には届かず、今朝検索すると、すでに配送済みになっているではないか!!??

それれも、サイン済み。

サイン名は、私の名前になりすましたような名前で・・・例えば私が YOSHIKO だったとして、サインした人の名前は、YOSHIC になっていた! 

DHLの場合は、仕方ない、宅配人の誤配だったわけだけれど、こちらGSLという会社の場合、配達人の悪意を感じる!!

GLSの問い合わせの電話番号のところには注意書きがあって、電話をかけるとまず1.35ユーロ、その後は一分につき、0.34ユーロの通話料がかかるという。電話を掛けると10分なんてあっという間で4.75ユーロ、670円だよ? 待たされたりして20分かかると、1340円!ちなみにDHLは0.15ユーロ/分だった。

電話でうまく説明できる自信がないので、取りあえずメールでショップと、配送業者に問い合わせをしてみた。

荷物はたぶんもう届かなくて、前回のようにショップに手紙(Attestation sur l'honneur)を書いて、払い戻しになるって結末だろうな。
【 2014/04/08 】 フランス生活 | TB(-) | CM(4)

ガス探知犬?

配管工事が終わり、8日ぶりにガスが戻ってきました。

今回のガス漏れ事件?で、ガス会社の人や、配管工の人たちが、ジュリエットのことを感心していました。

ガス探知犬じゃないか、と。

というのも、ガス漏れが見つかる少し前、ジュリエットが庭に巨大な穴を掘っていたのですが、そこがまさしく今回交換した古いガス管が通っている場所だったのです。

目が見えないぶん、臭いに敏感になっていたんだよ。

と言っても、それでジュリエットが私たちに、ここ臭いよ、ガスもれているよ、と語ってくれたわけではなく、いや、行動で語ってくれていたのかもしれませんが、ガス漏れが分かったのはメーターの交換のおかげだったのですけれどね。

ジュリエットが愛おしくなった出来事でした。

(でもまさか、ジュリエットが穴を掘ったからガス管が破れたんじゃないでしょうね?)

それにしても、我が家は暖房、キッチン、温水は全部ガスなので、なにかと不便でした。

一番困ったのはシャンプーでした。

子供たちは市民プールへ行って頭や体を洗ったり、私も美容院へ行って髪を洗ってもらいがために、カットしてもらったり。

いや~文明ってありがたいですね~
【 2014/04/05 】 日々のこと | TB(-) | CM(2)