2014. 05. 23  
(先日の記事の追記にも同じことを書きましたが)

国籍取得について大使館へ問い合わせたところ、

「国籍選択は22歳以降でも全然大丈夫なので、お子さんまだ学生ですし、今はまだ早すぎると思います。もう少しお考えになった方がよろしいかと思います。」

とのアドバイスを受けました。

国籍を選択してしまうと、いろいろと、可能性が制限されてしまうことがあるそうです。

例えば、日仏間で留学したい場合など。

ですので私も、というより、子供たちが将来必要に応じて、国籍を選択せざるを得ない日まで、見守ることにしようと思いました。 にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 22  
昨夜、 ロメオが舐めている前足をチェックしたらパンパンに腫れている!

獣医さんに連れて行ったところ、蜂に刺されてしまったようで、針を抜いて包帯、注射を打ってもらった。

蜂に刺されたなんて本当に痛かったろうに・・・。

ロメオ↓
IMG_0281_1600_400.jpg 
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 21  
フランス生まれ、日仏二重国籍のうちの子供たちは今年19歳と16歳になります。

日本の戸籍には「国籍留保届」の日付が載っています。

国籍選択については以前から迷っていますが、こういう選択もあるのかあ、と参考になればと思いリンク先を貼ってみました。

複国籍PT (Fukukokuseki Project Team)
http://www.kouenkai.org/ist/index.html



国籍選択届のサジェッション

http://www.kouenkai.org/ist/docf/sentakutodoke.html

要は「日本の国籍を選択する旨の、国籍選択届けをなるべく早く提出する。出来れば当事者の親が、当事者が15才になる前に、法定代理人として日本国籍を選択する旨の国籍選択届けを提出しておく。」

日本国籍を選択した上で、外国籍を放棄するよう「努め」ながら大人になっても二重国籍を保持していけば良い、というものです。

同様にドイツの場合ですが、こちらのブログもわかりやすく参考になります。

こちち、国際法の知識を増やそう 二重国籍の場合、もどうぞ。(国際結婚を考える会、より。)


みなさんはどう思われますか?

なお、国籍の選択については自己責任でお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 16  
約、半年に一度の婦人科健診へ行って来ました。
前回、去年の9月の健診の後に受けたマンモグラフィーの写真を持って。(マンモグラフィーは二年に一度です。)
診断後、とくに悪いところもないし、次回の健診は一年後で良いとのこと。
次回までに血液検査をしろとも言われなかったし、ラッキー!?

一年分の避妊ピルの処方箋をもらって、いつまでピルは飲むもんなんでしょうか、と質問したところ、更年期に入るまでは飲み続けましょうね、とのことでした。平均52歳くらいだそうです。あと5年くらいかあ・・・。

そうそう、先生に、日中良く飲みますか?と聞かれた時には、思わず、「水をですか?」と聞き返してしまった・・・ワインを飲みますか、だったらどうしよう!夕食時、グラスに二杯程度くらい飲みます(言わないけど特大サイズのグラスで)・・・と、返答するかどうか迷ったところ、「そう、水ですよ。」ということだったので、「ええ、水は大好きで良く飲みます!」と答えることができました。

「それは良いですね。水はあらゆる毒を流してくれるから、たくさん飲みましょうね。」とのことでした。ホッ。

で、今回こちらが本題なのですが、来月16歳になる娘の話になり、子宮頸がんのワクチンは打ったのかと聞かれてしまいました・・・。私が、多くの副作用の例を聞いているので迷っているのですが、と答えたところ、副作用はありませんよ。19歳までに済ませておくことを勧めます、と結構強く言われてしまって、どうしようか本当に迷って困っています。

女の子をお持ちのお母さん方、子宮頸がんワクチン接種、どうしていらっしゃいますか? にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 10  
週一で通っている娘(15歳)の日本語学校。

先週はゴールデンウィーク関係で休みだったので、なんだか久しぶり。

車で送迎をしている親の私たちにとっても、パリに出かけるいい機会だ。

成人向け初心者クラスで、生粋の?フランス人と混ざって勉強しているけれど、相変わらず楽しそうなのがなによりだ。

でも家では相変わらず私の日本語に対してフランス語で返してくる・・・・学校に通っているからと言って家でも積極的に日本語を使おうとはぜんぜん思わないらしい。




にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 08  
今日はジュリエットとロメオを連れて湖畔へ散歩へでかけた。車で5分くらいのところにある。

犬達も、庭があればそれでいいというわけでもなさそうで、私が外に車で出かけようとすると、ついてきたがる。

老犬なのに後追いする二歳児のようで、可愛くて涙が出るほど切ない・・・でも吠え声は、うるさいんだよなあ。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 05  
 散歩が大好きなはずなのに、飛びついてこないロメオ。

だから今晩は息子に、ジュリエットだけを連れ出してもらった。

(ジュリエットこそ、病気をいろいろとかかえているのに、一番元気。)

夜の散歩といっても、フランスの今は22時くらいまで薄明るい。

犬も、体調が良いとか悪いとか、今日はしんどいからやめとくって感覚があるんだと思う。

外へ行く代わりに、庭にさそったら喜んでついてきた。

小鳥のさえずりを聞いたり、草の匂いをかいだり。

久しぶりに、ロメオといろいろと語っちゃったよ。(←何を?)

にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 02  
高校生と中学生の長男と長女。

生まれはフランスのど真ん中、オーヴェルニュ地方。

幼いころは今より頻繁に日本とフランスを行き来していたから、1/4くらいは日本人かな?

日本には可愛がってくれるじーじもばーばいるし、兄弟みたいな従兄たちや、おじさん、おばさん、親戚も沢山いる。

8年間をオーヴェルニュで、10年間を南仏で過ごした。

南仏は、長男にとっては小学校低学年から高校にあがるまで、長女にとっては幼稚園から中学生になるまでの思い出がある。多感な年ごろだ。

そしてパリ近郊に引っ越してからこの夏で丸二年になる。

夏休み前になると、帰巣本能がうずくらしい。

日本とか、南仏とか。

気持ちはわかるけれど、それぞれ遠いので、困るんだなあ・・・ にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
2014. 05. 01  
庭に来るアオガラが、以前、サモエドの毛らしいものを口に咥えて飛んでいったのを見たので、植木の中に、毛のかたまりを置いておいたら本当に取りに来た。

一度に沢山運べるように、時間をかけて嘴で一生懸命丸めている姿はとても可愛くて感動!

フワフワのベッドが出来るといいね!

ParusCaeruleus.jpg
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム