シシィのブログ~サモエドと一緒~

日々の生活記録を書き散らしています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

16歳になったので、市役所へ行ってきました。Le recensement à 16 ans

フランス国籍を持つ娘が16歳になったので、今日は市役所へ行って手続きをしてきました。

Le recensement à 16 ans : 16歳の誕生日から、3か月以内に市役所へ行きます。
(息子の場合はすっかり忘れて、17歳になってから登録しましたが)

登録に必要なのは、身分証明書 carte d'identité、両親の家族手帳 Livret de famille、住所を証明する書類 Taxe habitationなど、です。

手続きは無料です。

そうすると、17歳を過ぎたころに、召集状が届いて、一日軍事講習を受けます。
一昔の兵役サービスに変わるものです。

市役所で、登録の証明書を発行してくれるので、サインをして大切に保管します。
数枚コピーを取るように、勧められました。

この証明書は、バカロレアの試験や、車の免許を取るときに必要になります。
オリジナルは見せる必要があっても、渡しません。コピーで代用します。(←と、市役所の人が言っていた)

そうそう、教習所では、中学生の時に学校でもらったASSR2 (Attestation scolaire de sécurité routière) の提出が必要になるので、無くさないようにきちんと保管しましょう!
(我が家の息子の場合、知らなくて、昔の段ボールをひっくり返してようやく見つけました。)

↑そんなのフランスに住んでいれば常識でしょ?なんでこんな記事書くの?って感じなのかもしれませんが、常識の無い私はこれらで失敗してきましたので。
【 2014/09/26 】 子供たち | TB(-) | CM(-)

ジュリエットの獣医さんへ行ってきた。経過良好。

先週、ジュリエットの血糖値が500を振り切っていたのは、インスリンの薬が悪くなっていたのが原因よう。まれにそういう不良品があったりするそうだ。インスリンを新しいのに取り替えたら、一週間後の今日は350まで戻って、体重も一週間で17キロから18.5キロに増えてほっとした。でも、インスリンの量も増えて、先月までは16だったのが、先週から20、そして明日からは25になる。

食事は、獣医さんんいわく、Hill's のI/Dが一番良いとのことで、それを朝晩150グラムずつ、そこにおかゆと、茹でた鶏むね肉半身をひき肉にして混ぜる。朝はそこにヨーグルトのデザート。

慣れない頃は、一回ずつおかゆを作って、鶏肉を半分ずつひき肉にしていたけれど、今は一日分の冷凍ごはんを朝おかゆにして、鶏肉も3日分茹でておいて、毎朝一個をミキサーにかけて、半分ずつ使うようにしたら手間が省けて楽になった。

取りあえず来週も今日と同じ日に、血糖値検査をする。
【 2014/09/16 】 サモエド | TB(-) | CM(-)

シプリアン君:ユーチューブを見て笑おう!

私の好きなネタ。

『年寄りとテクノロジー』
・・・年寄って、彼のご両親の年代なんですね・・・(私も当てはまるな)


『若者とテクノロジー』


『日本』


シプリアン君のサイトはこちらから、
または
http://www.cyprien.fr/
で楽しめます。

良い日曜日を!
【 2014/09/14 】 本・TV・DVD・映画 | TB(-) | CM(-)

DELF A2 受験に申し込んだ。

インターネットフランス語講座講座、織田先生のフランス語脳プロジェクトで、約八か月に渡り受けた発音、文法、読解の授業が終了したら、夏休みに入ったこともあって、フランス語学習のモチベーションが一気に下がってしまいました。

これじゃあいかん、なんとか勉強のモチベーションを上げないと、ということで、DELFを受験を思い立ちました。

まずは最初のレベル、DELF-A1を、と思い、パリまで出かけなくても比較的車で近い、CIEPのサイトで試験会場のリストに載っていた県内のセンター校に電話をしてみました。

ところが、この会場では、DEFL-Aレベルの試験はやっていなくて、B2 と DALF-C1の試験が来年にあるのみとのお返事。会場によって受験カレンダーや、レベルが違うことを知りました。

さらに電話の担当者マダムは、
「A1受験?あなたこうやって自分で電話してきてるんだから、A1じゃなくて、A2から受験しなさいよ。」
とのこと。
受験初めてだし、自信ないから絶対に受かりそうなA1から受けようと思ったのに・・・。

ということで、来月10月にDELF A2を受験するため、昨日はパリのフランス語学校、アリアンス・フランセーズまで申し込みに行ってきました。(郵送締切は前日までだったので)

立派な建物で思わず足がすくんでしまいましたが、会場の雰囲気が事前にわかってよかったじゃないか、と自分を励まし、試験通知書をもらって帰ってきました。

後は勉強あるのみ。
試験日までに、DELF A2の試験見本を解いたり、下準備をしていきたいと思います。

ところで、試験では鉛筆禁止、青か黒のペンのみ、とあったのですが、修正液は使えるのでしょうか?
どなたかご存知ですか?
【 2014/09/06 】 仏語の勉強 | TB(-) | CM(2)