絵筆の持ち方から習いました。

今日は、絵筆の持ち方と使い方を習いました。

テンの毛で作られた小さい筆 pinceau en poils de Martre と、豚毛で作られたブラシ Brosse を使いました。
紙の大きさは65cm x 50cm です。

これだけで2時間以上かかりましたよ(>_<)

20160131_133929_resized.jpg
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

線を描く練習の夢をみたから。

唐突ですが、今日から絵を描く勉強を始めました。
きっかけは昨夜、先生に叱られながら絵筆を持って、何度も線を描く練習をするという夢を見たから・・・絵は習ったことありませんが。

ということで、初日の今日はいきなりペンナイフでを使わせてもらいました。
使い方がわからないので、なかなか難しです。

いつか、自分一人でキャンバスに向かっている姿を夢見て、頑張りたいと思います。

2016-01-30.jpg
↑アトリエに即席で作ってもらった作業台。




にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

フランスパスポート更新受付、2か月と2週間先とは!

息子のフランスのパスポートが今年の8月で切れるので、更新しなくちゃ、といろいろと書類を集めていました。

で、私の住んでいる地域では受付は地元市役所で、事前に受付予約をとるように、と市役所のサイトに書いてあり、息子本人(20歳)に電話させたところ、なんと受け付けは2カ月と2週間先の4月半ばの日付となりました、びっくりポンです!!

前回更新したときは、南仏の田舎だったので、当日にすぐに受け付けてもらえましたが、パリ近郊ともなると人が多くて時間がかかるのでしょうか。

まあ、それでも緊急の場合は融通してもらえるのでしょうが、国際線のチケットを取る場合は、チケット予約などにもパスポート番号が必要な場合もあるので、なるべく早め早めの準備をしておいた方が良いと思いました。申請書を提出してから、パスポートが手元に届くまでもまた時間がとってもかかると思うので。 にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

電車(RER)ハプニング③ マダムが改札に挟まれてしまった!

最近、電車 (RER) に乗って、夫とパリへ出かける機会が何度かあったのですが、普段乘り慣れていない故、いろいろとハプニングがありました。

その三「年配のマダムが駅の改札に挟まれてしまった」

私たちがパリの自動改札を通過したとき、すぐ後ろからやってきた年配のマダムが、改札の回転バーの間に挟まってしまいました。

自動改札機に入れた切符を回収するタイミングと、その後回転バーを通り抜け扉を開けるタイミングって、慣れないと結構難しいものです。年配の方にとったらなおさらだと思います。

その80歳代くらいのマダムも、どうしよう、挟まれてしまったわ、と、おろおろ。私たちもなんとか手助けをしたいものの、駅員呼び出しボタンも見つからずオロオロ。

すると、若者がさっと自分のパスを、マダムが挟まれている改札にあててくれて、バーが回転し改札が開きました!

私「カッケ―!!」

しゃがみこんでしまったマダムの腕をとり、改札を抜けるのを手伝っている間、若者は隣の入り口からもう一度パスを通して入ろうとするものの、二度目なので開かず、それでまだ扉を通過中のマダムの後ろからひょい、と身軽に回転バーを飛び越えて改札を抜けました。

私「メルシー・ボクー!」

爽やかに去っていく若者にお礼を言いました。
すると事態を理解していない夫は、

夫「今の子、マダムを利用して無賃乗車?」

私「違う違う、彼がパスを使ってマダムを通してくれたのよ。」

何はともあれ一件落着したわけですが、電車を利用するたびに毎回ハプニングがあって、フランスの改札システムとかに問題があるのは、と思ってしまいます。自動改札機で印字はされないし、回転バーの改札は通りにくい、駅員さんを呼びたくても呼び出しボタンとか見つからないし。自分が旅行者だったらもっとパニックになっていたことでしょう。

これからも、電車を利用するときは、充分に気を付けたいと思います。 にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

電車(RER)ハプニング② 改札から出られない!

最近、電車 (RER) に乗って、夫とパリへ出かける機会が何度かあったのですが、普段乘り慣れていない故、いろいろとハプニングがありました。

その二「駅の改札から出られない」

夫「なんで改札が開かないんだ!」

私の方も、切符を通してもはねられてしまい、自動改札扉が開かず、外に出られません。
切符の裏表を確認して見ると、自動改札機を通したはずなのに、印字がされていません。
乗車したのは田舎の駅なので、構内に入るのには改札扉がなく、自動改札機に切符を通して印字するだけでした。
多分、自動改札機が故障していたのか、挿入口の奥までしっかり入っていなかったのでしょう。

私「今日は車内で検査員に会わなくてラッキーだったけれど、これじゃあ出られないわね。」

でも、罰金を払う覚悟で駅員さんを探すも、自動改札なので周りには見当りません。
二人で切符をもってウロウロしていると、「出れねー」、と騒いでいる(汗)夫の方へ年配のマダムが声をかけてくださいました。

マダム「出られなくなっちゃったの?私の後ろについてきて。一緒に出ましょう。」

無事に改札を出られた夫。私もとっさに近くの女学生に声をかけました。

私「ごめんなさい、出られなくなってしまったの。助けてくださる?」

女学生「OK、私の後ろについてきて。」

と、一緒に改札を通してもらい、助けてもらいました。

教訓 : 改札扉のない駅からの乗車にて、自動改札機に切符を入れる際には、印字がきちんとされているか指さし確認すること。機械の性能を信じるな。 にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

電車(RER)ハプニング① 切符が無い!

最近、電車 (RER) に乗って、夫とパリへ出かける機会が何度かあったのですが、普段乘り慣れていない故、いろいろとハプニングがありました。

その一「夫の切符が行方不明」

朝の通勤通学で割と混んでいる時間、夫と並んで椅子に腰かけていると、とある駅から検査員 contrôleurs 4人くらい?が乗り込んできて、切符のチェックを始めました。

私「切符は乗車する前にちゃんと自動改札に通したし、私たちはカンペキね。今頃切符無しで乗っちゃった人とかは慌ててるかもねー。」

と、夫の方を振り向くと何やら慌てている様子の夫。

夫「ない!切符が無い!!君が持っているのか?」

私「やだ、切符を自動改札に通した後、なくさないでね、って渡したじゃない。」

渡した、もらってない、の騒動中に検査員が私たちのところへやって来てしまいました。
私たちは、夫の切符が見つからない事情を話し、10枚セットで買った、まだ自動改札を通していない新しい切符ならもっている、と説明したところ、

検査員「それじゃあ、残念ですが、罰金を払ってもらいますね。33ユーロです。カードで払いますか?」

私「33ユーロ!ちょっと待ってください。絶対ありますから、もう少し探させてください。」

夫「もういいよ、出てこないよ、カードで払うから。」

と、まさにカードを器械の中に入れ、暗証番号を押そうとしたその時、夫のシャツの胸のポケットに指を突っ込むと、ありました、切符が!

私「ほら、ありました。ムッシュー、確認してください!」

切符の裏表を念入りに確認する検査員、

検査員「ではマダム、あなたの切符をもう一度見せてください。」

(私が騙していると疑っている?やれやれ、彼らも仕事だもの、しかたないわね。)

検査員「結構です。これからはなくさないように気を付けてくださいね。」

と言って去っていきました。

向かいに座っている若い男性は肩を震わせて笑っているし・・・朝の通勤通学時間の見世物になってしまい恥ずかしかったです。
でも、罰金にならなくて良かったです!

教訓 : 夫には切符を持たせない。

罰金の参考サイト↓
Paiement des amendes にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

健康一番!

久しぶりの更新になってしまいましたが、こちらはみな元気にしています。

先日、ロメオが夜鳴きが続くので、夫と息子で動物病院に連れて行ってもらいました。
精神面から来る不安が原因だそうで、薬を処方してもらったら夜鳴きはピタッと止みました。
今年の5月で15歳、立派な長寿犬です。いろいろあるよね。でも、そのほかはいたって健康なようで良かったです。

私の方は、実は12月に乳がんの摘出手術をしました。(お年頃のみなさーん、必要な検診は受けましょうねー!)
詳しい経過はこちらのブログにアップしていますので、興味のある方は覗いてみてくださいね。
私の場合、超早期だったので浸潤もなく、手術の後は完治ということで治療も必要ありません。
ただ、傷口がまだふさがっていないので安静に、ということで、夫がいろいろとやってくれます・・・買い物から夕飯の支度、後片付け。夕飯の支度や片付けくらい出来る、というのに、やらせてくれません。
ていうか、いろいろメニューを探してきて、楽しんでさえいるような。
ということで、今は甘えさせてもらっています(*^_^*) 

でも、なんだかんだ言い訳して、このところ、フランス語の勉強さぼりっぱなしです。何とかしなくては!
昨日の日曜日は仏検2次試験でしたね。
受験された皆さん、すばらしいです。お疲れ様でした!!

マイリトルポニー、Rainbow Dash 仮面をかぶるロメオ。マクドナルドのおもちゃが家にありました。なぜ!?
2016-01-26.jpg にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

Copyright©シシィのブログ

アルバム
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
ウォルフィー: MADE TO LOVE WOLFY OF KARASEA
父: EVELEST-SISCO DES LUMIERES DE L'OSTREVANT
母: HIGHT SECRET IN LOVE OF KARASEA

にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
アイウエオ順リンク
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示