シシィのブログ~サモエドと一緒~

日々の生活記録を書き散らしています。
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

『単語は3回引くまで覚えない。』

昔からYOMIURI ONLINE の「発言小町」、とくにランキング記事が好きで毎日見ています。

今回、英語恐怖症になってしまった、と相談を持ちかけたアメリカ語学留学中のトピ主、がけっぷちさん、その彼女へレスされた、ニュース翻訳のお仕事をされていらっしゃるという、ハンドルネームあらいぐまさんの投稿内容がとても印象に残りました。

サイトは"見出し、記事、写真、無断転載を禁じます"、ということで、興味のあるかたは是非こちらのトピックを読んでみてください。

あらいぐまさんのアドバイスは、"1日に引く単語数を決めて覚えるなんてナンセンス、英英辞書を使って、単語は3回引くまで覚えない、とルールを決めて、単語を引くたびに見出しの単語のわきにカラーボールペンで点をつけるようにしてみたら2回で覚えた単語が多かった"、というような内容です。

仏仏辞書、どこだったかな?^^
【 2016/02/29 】 仏語の勉強 | TB(-) | CM(0)

RERでの人身事故 Accident grave de voyageur

電車(RER)に乗るたびに何らかのハプニングに見舞われていますが、今回は人身事故による遅延に巻き込まれてしました。
人身事故とわかったのは、スマホのツイッターでチェックしたからで、私が乘っている間は車内放送などは全然ありませんでした(-"-)
パリ交通公団(Régie Autonome des Transports Parisiens、略称RATP)では人身事故の場合、"accident grave de voyageur"という表現になるそうです。私は初めて知りましたが、通勤、通学している人は、またか、という感じのようです。

地元駅から乘って途中の駅で止まってしまい、その駅で乗り換えた列車には私の1時間半前に自宅を出た息子が乘っていました。息子の場合、3時間以上、遅延に巻き込まれてしまったようです。トイレ行きたいって言っていたし(>_<)

10時にリュクサンブールで約束があって、30分以上余裕を持って出かけたのですが、結局1時間以上遅れての到着となってしまいました。

用事を済ませた帰りも、まだダイヤは乱れていて、行き先が途中止まりになったり、乗り換えの車内放送もほとんどありませんでした。 この線は空港へ行くのにも使われているので、乗り合わせてしまった旅行者の人達とかは更に大変だったと思います。

寒かったし、帰宅したらどっと疲れが出てしまいました。
【 2016/02/26 】 フランス生活 | TB(-) | CM(0)

歯医者さんへ。 単語連想ゲーム Dévitalisation

右下の奥歯(第二大臼歯)が欠けてしまい、歯医者さんへ。
Dévitalisation をしてからセラミックをかぶせるので、麻酔もするし治療に4回ほどかかる、という。
Dévitalisation の意味はなんだろう?
dé は、「除く」とかいう意味で、vital は「生命の」とかだったから、歯の生命を抜く、で、神経を抜くのかな?
帰宅して辞書を引いたら歯神経[歯髄]除去、とありました。 
ああ、また歯医者通いかー。
去年の今頃も、奥歯を歯根嚢胞 Kyste dentaire で抜いたばかりなのに、ゆううつです~
ちなみに去年抜いた場所はインプラント(見積もり価格2400ユーロ)を勧められましたが、怖いしやってません。
【 2016/02/22 】 日々のこと | TB(-) | CM(0)

ジュリエットの病気が治った!・・・夢をみた(涙)

気がつくと、ジュリエットのフワフワの背中につかまって坂道を上っていた。
そして急な下り坂も、上手に降りるジュリエット。

「ジュリエット、ちょっと痩せた? ごめん、重いでしょ?ママやっぱり歩くから。」

リードを持ってジュリエットと歩く私。

スタスタ歩くジュリエットのうしろ姿をみながら、

「あれ、ジュリエット病気治ったの?目も見れるようになったんだね。良かったね!お散歩楽しいね。やっぱりお散歩はこうでなくっちゃ。これからは毎日もっと一緒に、沢山歩こうね!」

幸せな気分で目が覚めた。
そして夢と気づいて泣いた。
【 2016/02/22 】 サモエド | TB(-) | CM(2)

羽田空港でリュックサック紛失

今回の帰省で、フランスでの出国際に、審査で滞在許可証の期限切れが発覚するという出来事に加え、さらに追い打ちをかけるような事件が起こりました。

12時間のフライトを終え羽田空港に到着、税関を抜け、空港内DOCOMOのショップで携帯電話をレンタル、さあ、これからバスに乘って帰ろう、と思ったときに気づきました・・・背中にしょっているはずのリュックサックが無い!そう、空港のどこかに置き忘れしてしまいました(>_<)

リュックサックの中には、家族へのお土産、ガーゼ交換セット、アドレス帳、数万円ほどの現金が入っていました。
一番最後に覚えているのは、機内に預けた荷物を受け取るターンテーブル横の椅子に置いたこと。
その後の記憶は曖昧です。歩いてきた道をたどってもそれらしき荷物は見つかりませんでした。
誰かに置き引きされちゃったのかも(涙)

電話帳はリュックサックの中でしたが、空港ではフリーWifiが通っているので、スマホのラインが使えたので妹たちとすぐに連絡を取ることが出来ました。ラインやっていて良かった!

空港内の案内所と、一階の交番に紛失届を出しました。
案内所では、遺失物問い合わせの電話番号を教えてもらいましたが、紛失届を出しますか、とは聞かれないので、ここは積極的に自分から紛失届を出したい、とリクエストしましょう。(←今後の自分への忠告)

午後3時に到着して、5時まで空港で待機していましたが、その日は結局見つからず。
でも、翌日に空港の案内所から電話がありました。荷物が見つかったと!
税関から出たところの椅子の上に放置されていたのを一般の人が見つけ、警察の方に渡し、案内所に届けられたそうです。

リュックの中身は現金まで全部そろっていました。
これがフランスだったら、一般の人が届けてくれるどころか、空港に不明の荷物放置=爆弾か、と周囲が閉鎖されてしまったでしょう(汗)  私のリュックを届けてくださり、お名前も残さずに立ち去られた見ず知らずの親切なお方、本当にありがとうございました!!

滞在中に空港へ出向く時間がなかったので、見つかった荷物は帰りの便に乗る前に案内所へ行って引き取り、交番の方へも紛失届解除に立ち寄り、家族へのお土産は空港内のコンビニから送りました。

空港内で物をなくしてしまうこと、結構頻繁にあるようです。紛失届を書いている時にも、外国人の方が荷物が見つからない、と立ち寄られたり、チェックインカウンターでは中国の方に、ここに財布を見かけませんでしたか?と聞かれ、港内放送では、携帯電話をお忘れになった〇〇様、とアナウンスが流れていました。

日本-フランス間を往復し、旅慣れるどころか、旅発つたびに失敗が増えています。今回も他に、ホテルをチェックアウトする直前にスマホが無いことに気づき、やっとのことでバスルームから見つかったり・・・。 忘れっぽくなるお年頃だし、今後充分に気を付けていきたいと思いました。


↓落とし物をした際の問い合わせ先などのリンクです。インターネットからも無くしたものの登録入力が出来ます。
羽田空港 国際線旅客ターミナル 遺失物届登録入力
【 2016/02/19 】 日々のこと | TB(-) | CM(2)

まさかの滞在許可証期限切れ・・・パリ空港にて(汗)

「それでは約3か月後くらいまでには、新しい滞在許可証発行のお知らせをSMSでお知らせできると思います。その時に、代金もお知らせします。」

今朝、滞在許可証の更新手続きを終え、受付の方に受領書のレセピセ Récépissé de demande de carte de séjour をもらって、ランブイエの郡庁 Sous-préfecture を後にしました。火曜日は空いているとのことで、到着から30分ほどで済み助かりました。

今回、急用で日本へ一時帰国していたのですが、実は2月10日水曜日にパリの空港にて出国の際、滞在許可証の期限切れが発覚し、大汗をかきました。

正直、すっかり更新のことは忘れていました・・・去年の11月で期限切れだったなんて!別室に呼ばれ出国審査担当官にいろいろと質問を受けました。そこで、自分はフランス人と結婚して子供と一緒に住んでいること、今回は、祖母の葬式で急きょ日本へ一時帰国することになり、日曜日には戻ってくることを伝えました。

出入国審査担当官(以下「担」) 「御祖母様のこと、お悔やみ申します。それでは、再入国の際に問題なく通れるよう、日本のフランス大使館へ行って、事情を説明して、通行許可証の Laissez-passer を発行してもらってください。」

私「でも、木曜日の夕方に日本に到着して、葬儀が金曜日なので、時間がないんですが。」

担「それじゃあフランス再入国の際はこの期限切れの滞在許可証を見せないようにして、旅行者を装って帰ってくるようにしましょう。まあ、万一質問を受けても、今のようにあなたがフランスに住んでいることを説明して、出来ればご家族の方に家族手帳 Livret de famille を持ってきてもらえれば大丈夫です。」

私「そうですか、ありがとうございます。いろいろとお手数をかけてしまってすみません。」

担「いえいえ。でもあなたの状況ならフランス国籍を取れるんですよ。ご存じない?フランス人になるのは嫌?」

私「え?そうなんですか?知りませんでした。もちろんフランス国籍取れるものなら取りたいものです(←嘘入ってます)。」

担「それは良かった。それではお気を付けてお帰りください。」

と、無事に出国審査を通過しました。
住所の質問で、その担当官の方は偶然隣町に住んでいることがわかり、地元の話しになったのですが、今思えば話題を振って、話に嘘がないか試されていたのかもしれません。

おとといのフランス入国審査も凄く混んでいて、空港に迎えに来てくれている夫に電話をすると、入国審査を厳重に取り締まるキャンペーン中とのでした。機内で見たフランス入国手続きのビデオでは、入国審査の際に、帰りの航空チケットを提出するようにありました。もちろん私は持っていません。

入国審査の長蛇の列に並んでいると、窓口は2つ開いて、担当官がルーペでもってパスポートを念入りにチェックしているのが見えました。 あ、でもどうやら帰りの航空チケットはチェックしていないようです、ラッキー。もう一方の人はさらにアバウトそう、あの人にあたるといいな、などど思いつつ、質問を受けた際の答えを頭の中で考えながら順番を待っていましたが、幸運にもそのアバウトな人の方にあたり、何事もなく審査を通過し再入国することが出来ました!

ただ、今回滞在許可証の期限中に更新をしなかったので、インターネットで調べたところ、更新料の260ユーロに加え、更に180ユーロ分の費用が余計にかかってしまいそうです。
【 2016/02/16 】 フランス生活 | TB(-) | CM(2)

傘をさす恋人、組み合わせ

一昨日から風邪気味でなんだかだるいです。

今日の絵の練習は、傘をさすカップル、そして街灯、広告塔、馬車、木の組み合わせでした。
左が先生のお手本です。

次回は今日までやったところのおさらいです。

2016-02-04.jpg

20160204.jpg

【 2016/02/04 】 日々のこと | TB(-) | CM(4)

初めてのスーパーのドライブ利用。続き。

昨日の記事、初めてのスーパードライブ利用、の続きです。

昨日ネットで注文をして、受取時間を翌日の今日、9時から10時の間に指定していたのですが、
商品をとりに行った夫は浮かない顔をしていました。

・ドライブのインターホーンを押してからゲートがあくまで時間がかかる。
・担当者が出てくるまで時間がかかる。
・車から降りて対応しなければならない。
・品切れの商品もある。(= ネットの画面では在庫を管理されているわけではなかった。)

品切れの商品に関しては、代理商品を探すためわざわざ店内に入ったら、ドライブで品切れだった商品がそこには当たり前のように積まれていたそうです。

買ってきてもらった商品をチェックしてみると、肉の賞味期限にあまり余裕がなかったり、4個入りで買ったBIOオレンジがのひとつが腐っていたりしていました。

各スーパーや地域によってもドライブのクオリティに差があるのでしょう。実際、知人が利用しているドライブでは、対応も早くてとても満足しているそうです。

ということで、私の利用しているスーパーでは、今のところはやはり店頭でのショッピングが良いようです。
【 2016/02/02 】 フランス生活 | TB(-) | CM(0)

パリの広告塔、を描く練習。 Colonne Morris

パリで見かける広告塔、コロン・モリス Colonne Morris といいます。
右側が自分が描いたコピー。

次回のレッスンは人物だそうです。

20160202_125204_resized.jpg
【 2016/02/02 】 日々のこと | TB(-) | CM(4)

初めてのスーパーのドライブ利用。

12月に私が退院してからずっと、買い物と夕食の支度をしてくれている夫ですが、週末に風邪をひいてしまい、これ以上悪くならないよう、人混みを避けたほうが良いということで、初めてスーパーのドライブ注文をしてみました。

スーパー (Intermarché) のサイトに登録して注文、指定日・時間に専用口にとりに行くというシステム。
今まで使ったことありませんでしたが、なんて便利なんでしょう!
価格も、店頭の値段と一緒です。

それに、冷蔵庫のストックを見ながら注文できるので無駄がないし、レジで予想外の値段にびっくりすることもありません。
これからもどんどん利用したいと思います!(^◇^)
【 2016/02/01 】 フランス生活 | TB(-) | CM(0)