パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ジュリエットが迎えに来たようです。

今朝ロメオの容態が変わったと入院先の動物病院から連絡が入り、家族の見守る中、安楽死となりました。
15歳と3日でした。
ロメオを心配してくださった皆さま、ありがとうございました。
天国には大好きなシシィも、ジュリエットもいるので寂しくないと思います。
【 2016/05/28 】 サモエド | TB(-) | CM(12)

ジュリエットのヒナゲシが咲いた

去年の初夏の頃、夕暮れにジュリエットを息子と散歩させながら、道端に咲いているヒナゲシの花をジュリエットの首輪に飾って、似合うよ、可愛いねーなんて言いながら帰宅した後、その根っこがついたヒナゲシを何気に庭の隅に植えました。
それがまさか翌年に花を咲かすなんて!
何だか、ジュリエットがヒナゲシになって帰ってきてくれたみたいです。

2016-05-27.jpg
【 2016/05/27 】 サモエド | TB(-) | CM(2)

ロメオ、誕生日に胃捻転

「これからオペの先生を呼び出して手術をしますが、手術が上手くいかなかったらその時はご連絡します。連絡が無かったら成功ですので、明日の朝9時半に電話をしてください。」
幸い手術で一命をとりとめ、翌日の今日現在動物病院に入院しているロメオは、昨夜突然胃捻転になってしまいました。

昨夜9時過ぎ頃からロメオに異変が起きて、鳴きながら庭を歩き回り、吐こうとしても吐けません。
救急の獣医さんSOS vétérinaire に電話をして来てもらいましたが、一刻を争うとのことで、痛み止めのモルヒネを注射してもらった後11時過ぎ、車で20分ほどのところの、24時間対応の病院に連れて行きました。(救急の獣医さんを呼ばず、直接病院へ連れていけばよかった。)
15歳の高齢犬ということもあり成功率は50%。手術をするか、安楽死させるか、決断を迫られましたが、助かるかもしれないのに安楽死なんてありえません。ロメオを獣医さんの手にゆだね、寝付けない夜を過ごしました。

今朝、9時半に電話でロメオの手術が上手くいったことを確認した後、オペをしてくれた先生から電話がかかってきました。
心臓も、手術して捻転が再発しないよう固定された胃も問題なく機能しているとのこと、ただ高齢のためショックが大きいので、回復までにまだ少し時間がかかるそうです。今日、また夕方に電話をして様子を聞きます。

2016-05-26.jpg




【 2016/05/26 】 サモエド | TB(-) | CM(-)

サモエドロメオ、もうすぐ15歳

来週25日で15歳を迎えるロメオ。人間の年だと、15歳 X 7で105歳!?
うーん、もう少し若そうだけど。

夜、ひーんひーんと悲しげに泣いていたので、獣医さんに相談して脳の老化に効くという錠剤 Candilat comprimésを与えています。薬を飲み始めてからはぐっすり眠れるようです。

時々尿漏れもありますが、そのほかはいたって元気。食欲もあります。

外へお散歩へ行くのは嫌がりますが、庭を一人(一匹)で、または家族と一緒に散歩します。

2016-05-17-roméo

2016-05-17 romeo 02


【 2016/05/17 】 サモエド | TB(-) | CM(2)

滞在許可証の更新 Titre de séjour

去年の11月に期限切れになっていたのに気づかず、慌てて2月に申請した滞在許可証(10年)の更新、私の携帯に、指紋をとるので県庁に来るように、とショートメッセージが届いたので、金曜日に行ってきました。

Merci de vous présenter SP Rambouillet /8H45-12H/ lundi mardi jeudi vendredi pour la prise d'empreintes avec passeport et titre de séjour (SPってなんだろう、と思ったら、Sous Préfectureのことでした)

ついでに申請中の仮滞許可証の3か月の期限が切れるところだったので、そちらも再発行してもらったのですが、手続きには証明写真が一枚必要です。(私は持っていなかったので、県庁に証明写真機ボックスPhotomatonが置いてあって助かりました。)

新しい滞在許可証はあと3週間ほどで、出来上がるそうです。
【 2016/05/15 】 フランス生活 | TB(-) | CM(6)