2012. 12. 14  
今回獣医さんからもらった領収書内訳を税込み(19,6%)で計算してみました。

診察料 33ユーロ
血液検査(血糖値) 4ユーロ
インスリン(CANINSULIN 10ML) 26ユーロ(←何日分だろう?)
注射器20本 7ユーロ(一本0,35ユーロ)
-----------------------------------
合計70ユーロ

ちなみに、使い捨ての注射器は、一回ごとに捨てなくても3-4回使えるわよ、とおっしゃり、注射前に皮膚のアルコール消毒はしませんでした。

日本のサイトを見ると、注射器は一回ごとに使い捨て、注射前に皮膚のアルコール消毒をしていますが・・・フランスらしいアバウトさ?

今日は、自宅で初めてのインスリン注射に挑戦しましたが、ジュリエットが我関せずといった様子で、大人しく寝そべっていてくれたので(よほど具合悪かったのかな、ごめんね)無事にすみほっとしました。

獣医さんは親切にも、心配だったら見守っているから連れてきても良いわよ、とおっしゃってくださったのですが、私が歯医者の予約があったりと時間も合わなかったので。

今晩のジュリエットは、昨日おとといに比べだいぶ落ち着いたようです。狂ったようにずっと水を欲しがって飲み続け、夜中にトイレに何度も起きていましたから。
関連記事
NEXT Entry
インスリン投薬前、投薬後。ジュリエットのシャンプーできました。
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム