2013. 02. 12  
「仔猫が木から下りられなくなっても消防隊呼ぶんだから、来てもらおうよ。」

と、娘が言うし、他に方法も無いので、消防署へ連絡し助けに来てもらいました・・・隣の敷地に落ちてしまったロメオを。

朝7時、フランスはまだ真っ暗です。

庭からいつまでたってもロメオが戻ってこないので、名前を呼ぶとはるか遠くの方からロメオの助けを求め泣く(鳴く、ではなく本当に泣いてるみたい)声が・・・(>_<)

娘と夫を起こして、懐中電灯で声の方へ向かうと、なんと柵をすり抜けて、下隣の敷地に落ちてしまっていました。

塀の高さは1メートル60センチくらい。

降りることは出来ても、ロメオは梯子を登れません。

抱きかかえて持ち上げるにしても、35キロを肩の上までは無理・・・。

他に出口を探すにしても、植物がジャングルのように生えているし、人間と犬が真っ暗な中で懐中電灯だけでは動けませんでした。

夫が電話をし、消防隊の方が二人来てくださり、ナントか無事に救出されました。

本当にご迷惑お掛けしました・・・・チップを受け取ってもらえなかったので、お礼の手紙を添えて気持ちの20ユーロ小切手を消防署へ郵送することにしました。



塀の上から娘が撮影。
シーツを巻きつけて引き上げようとしたけど・・・無理でした。
400x022.jpg
関連記事
NEXT Entry
シャルトルにて、子犬のサロン Salon du Chiots à Chartres
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
Comment
No title
1M60っていったら、かなりの高さですよね。ロメオちゃんに怪我がなかったようでよかったですね。
ご心配ありがとう。
MONSさん、ご心配ありがとうございます。
幸い、枯葉がクッションのようになっていて、私も降りましたがふわふわしていました。
何で落ちるかなあ・・・本当に馬鹿なロメオです~~~
Re: 消防隊のお世話になってしまいました。
ロメオ君が無事に見つかって、一安心ですね!(^_^)

たぶん本当に泣いていたんでしょうね。

記事を読んで、ちょっと癒されました。
ありがとうございます。
外国語大好きおじさん、ご心配ありがとうございました。

本当におまぬけなロメオで・・・でも一人(一匹)で困っている顔をみてみたかったです。

まさか自分達がこんな形で消防署の方にお世話になるとは思ってもみませんでした・・・^^;

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム