2013. 04. 13  
毎年計画しては頓挫している子供たちを連れての日本帰国・・・今年も懲りずに計画を立て始めました!

前回、子供たちを連れて帰国したのは2006年でした。

それで子供たちのパスポート、今まではフランスのパスポートで行き来していましたが、今回はパリの日本大使館も近くなったことだし、春休み中にでも日本のパスポートを取得しようと準備を始めました。

原則、日仏二重国籍を持つ子供は、日本のパスポートで入国するのだそうです・・・原則。

今回日本のパスポートを取ろうと思ったのは、子供たちがフランスのパスポートだと、いろいろと入国でわずらわしいことがあるので。

まず、入国審査で外国人の列に並ぶとだいたい長時間待たされる!!(前回一時間近く並んだ)

その上、順番になったと思ったら別室に呼ばれ、係りの人に尋問されてパソコンにいろいろと入力されました。

日本のパスポートさえ持っていたらそういう煩わしい思いをしないですむだろう、ということと、記念に一生に一度くらいは日本のパスポートを持たせたいなという・・・(←、いや、本当は持っていなくちゃいけなかったんだよ)。

息子は、次回は国籍の選択をする年齢に達しているし、その時はもうフランス人になっちゃうだろうし。

で、今日したことは、

日本から戸籍謄本を寄せるので、日本の役所のサイトから申請書をダウンロードして記入。

手数料を支払うために、国際返信用切手Coupon Réponse International をインターネットで購入(普通に郵便局で売っているらしいけれど)。

日本大使館のサイトから、未成年のパスポート発行際の、親権者の同意書の作成。

そのうちパスポート用の写真も撮りにいかないと。

《国際返信用切手、追記》

国際返信用切手、地元の郵便局窓口で聞いたら、無い、と言われてしまいました・・・
ある程度大きな町の郵便局ではないと売っていないそうです。

coupon_rep__international_nair_grande.jpg

関連記事
NEXT Entry
郵便受けからやってくる詐欺に注意!
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
Comment
No title
うちは 去年に3人とも日本のパスポートを取得したのですが
3人目が生まれて すぐには大使館にいけなかったので
フランスのパスポートで帰国し 一番上も 更新できなかったので フランスのパスポートをとりました

で わたしと子供たち3人が 日本人のところ並んで 審査のとき
今度は 外国人のところに行ってください!と 言われたのを思い出しました
わたしと息子は日本のパスポートだったんですけどね

それもあって もう日本のを!って 思いました(って もってないとだめなんですね・・・)
かぼちゃんへ
外国人のところに並びなおしてください、じゃなくてまだ良かったですね。^_^;
以前問い合わせたとき、原則は日本のパスポートですが、フライトまでに日がなくて間にあわないとか、住居が大使館、または領事館から遠方の場合とか、いろいろと事情がある場合は、原則に従うことができなくてもいたしかたない、という感じでした・・・。

そういえば以前、中学生くらいの男の子が一人で国際線に乗っていて、ドイツと日本のパスポートを二つ、見せてくれました。見かけは日本人だったけれど日本語は通じなくて客室乗務員の方もあれ?って感じでしたが、一人でヨーロッパと日本を行き来するなんて偉いなあと思っていました。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム