2013. 04. 25  
昨年の12月から打ち始めたインスリンの注射、始めて失敗した。

注射を打った後に、インスリンの液もれを発見。

でも、液もれがどのくらいの量だったのか分からないので、やり直しは出来ない。

最近、ジュリエットが注射のたびに軽く悲鳴を上げるので、どうやら垂直に深く刺しすぎていたみたいなんだけれど、

皮膚注射なので、針を斜めに浅く打つように調節しようと思ったところ、浅く打ちすぎて皮膚を通過してしまった。

獣医さんには、

何かのアクデントで、注射が打てない日があっても大丈夫ですから、
心配しすぎないで治療にあたってください

との、アドバイスを頂いていたので、パニックにはならなかったけれど・・・。

ジュリエット、ごめん!

最近ちょっと気を抜いちゃっていたよ。
関連記事
NEXT Entry
春、庭の桜
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム