2013. 05. 29  
先週の話になるけれど、息子が利用している電車で人身事故があった。

ドアの閉まりかかった車両に乗り込もうとしていた男性が、そのまま腕を挟まれ体は外の状態で引きづられ、線路に落ちて脚を切断されてしまったそうだ。

年配の方で、杖を突いていた、と現場を見てしまった息子は相当ショックだったよう。

翌日の新聞では、男性が重傷を負った、とあったので命には別状なかったのが救いだけれど。

息子を駅まで送っていった時、電車が待っている状態だったりするとつい「はやく、はやく」と、急かしてしまっていたけれど、それももう止めよう・・・
関連記事
NEXT Entry
動物病院へワクチン接種、糖尿病検査。
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
Comment
No title
恐ろしい・・・ですね
でも どうしても急いでるときって 飛び乗ろうとしてしまいますよね
反省です

うちの主人も先日 黒人の女性の人が すごく押してきたらしく
最終的には そのかたは ホームと電車の間に足が落ちたらしいです
でも 周りに助けて何もなかったらしいですけどね

かぼちゃんへ
そうだったんですか@@・・・助けてくれた人がいて、その女性はラッキーでしたね! 日本だったら、ラッシュ時など「無理なご乗車はお止めください」って、アナウンスが流れるところでしょうけれど。怖い思いをしないとなかなか危機感が身につかないものですね。自分の家族だったら、と思うと本当に怖いです(>_<)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム