2013. 10. 18  
そろそろジュリエット用のインスリンがなくなるから、獣医さんのところへ買いに行かなくちゃ、と確認の電話をしたら留守電のメッセージが流れた・・・28日まで休業とのこと!

どうしよう、普通の薬局で売ってくれるのかな? 処方箋もないし・・・。

普通の薬局で売っていなかったり、売ってくれなかったらどうしよう・・・留守電メッセージには、代わりの獣医さんの番号があったけれど、果たしてインスリンだけ売ってくれるのだろうか? まさか、本人(本犬だけど)の診察が必要、とか言われて、診察料までとられたりするのだろうか?

処方箋を持っていない、いろいろな言い訳を考えながら、インスリンの空箱を持って取りあえずは地元の薬局へ。

「すみません、犬用なんですが、こちらでこのインスリン(空箱をみせて)を買えますか?」
すると、
「一ついりますか?それとも二つ?」
「え?処方箋なくて買えるんですか?」
「別になくても大丈夫です。」
「じゃあ、念のため二つください。(一瓶で20日分くらい)」
「40.16ユーロです。」

え!? 獣医さんのところではひとつ27.40ユーロで買っていたのに。二つ買ったら54.80ユーロ。それもわざわざ隣町まで行って、駐車するのに苦労して・・・。

今後は薬局に買いに来よう~

関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
NEXT Entry
ホテルで忘れ物をしたら。
NEW Topics
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
Comment
国が違うと・・・
こんにちは。

国が違うとシステムも全く違うんですね~。
日本では買えないと思います。たぶん・・・聞いたことないけど。
ある意味びっくりです。

でも、近くで安く手に入ったのはいい収穫でしたね!
うちも何があるかわからないので常に予備で1本あるようにしてます。

大きな地震や竜巻や・・・何が起こるかわからないですから。。。
Re: 国が違うと・・・
マチコさん、いつもジュリエットを心配して下さって、コメントありがとうございます!

私も、フランスで普通の薬局で買えるのかどうか分からなかったので、聞くのにちょっと勇気がいりました。でも、フロントラインとか、年に二回の腸の虫駆除の薬(←フランスではこれを飲ませるのは普通です)は買っていたので、もしかしたら売っているのかも、と思って。

予備は必要ですよね。私も買い置きをしておきたくて、以前獣医さんにも頼んでいたのですが、あまり獣医さんのところにはストックを置かないような感じで催促しづらい雰囲気でした。なので、インスリンの残りがあと一週間くらいかなと思ったら買うようにしていたのですが、遅すぎました。なので今回薬局で買えると知ってとても安心しました。日本の薬局ではどうなのでしょう?常備していなくても取り寄せとか、ないでしょうか?
私もネットで調べた限りでは(フランスの)普通の薬局で買える、という回答は得られませんでした。
獣医さんのところでしか入手できないというのもちょっと辛いですよね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム