パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

虎と小鳥のフランス日記 第133回「パサージュ・デュ・グラン・セール その1」~145 rue Saint-Denis 75002

今回のレッスンはパリの第2区に位置する、「パッサージュ・デュ・グラン・セール(Passage du Grand-Cerf)」から。
約30の個性的なアトリエ・ブティックの並ぶアーケード街を訪れました。

ここは、1789年のフランス革命前は、グラン・セール(大鹿)という名のホテルがあったそうです。
そして1825年、その跡地に建設されました。一階がブティック、二階が工房、3階が住居、という作りになっていて、その高さは、パリにあるパッサージュでは最高の11.8メートルとのことです。

Passage du Grand-Cerf
145 rue Saint-Denis / 8 rue Dussoubs 75002 Paris

画像クリックで地図が大きくなります。
Grand-Cerf 145 rue Saint-Denis 75002

今回の重要な表現2つ。

① C'est (toujours) le cas.
(今も)そうです。

À époque il voyageait déjà beaucoup, et c'est toujours le cas.
当時彼はすでによく旅行をしていましたが、今もそうです。

② J'ai en (petit) creux.
(少し)お腹が空いています。

Si on allait manger dehors ? J'ai un petit creux.
外に食べにいかない? 少しお腹がすいたよ。
関連記事
【 2014/01/14 】 日々のこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する