カーナビで怖い思いをした(>_<)

フランス語で "Chemin Rural (田舎道)" という単語をきちんと把握していなかったために、とんだ思いをしてしまいました(>_<)

週末に地方へ出かけたので、犬舎に預けていた犬達を迎えに行った帰り、背後の車に気を取られ曲がる道を一本間違えてしまいました。

カーナビを確認すると、Uターンしなくても、すぐ近くの小道(chemin)を曲がれば、幹線道路に出られるように案内していたので、新しい小道を発見するのも楽しいかも♪ なんてお気楽にそちらへ行ってしまいました。

確かに小道だけれど、カーナビで案内してくるくらいなんだから、大丈夫よねえ・・・・。土の上に、車の通った後だってあるし。

しかし、進むうちに道路状態も悪くなり、雨が降った後だったこともあり、前輪が滑り始めた時点でこれはやばいかも!と気づく自分。

牧場の真ん中の、車一台分の幅しかない一本道・・・歩行者の近道用か、作業用のトラクターくらいしか通らないのかも。

でも、あともう少し進めば反対側に出られる? と考えている時にカーナビ、今度は左に曲がれ、と。
左って、道無いんだけど・・・。

いや、あるのかもしれないけれど、木が生い茂りすぎて道が見えない!

まっすぐにも道は続いているけれど、今来た道よりぬかるんでいたら立ち往生してしまう。

Uターンを試みたけれど無理。

気のせいか、ロメオも不安そうに窓から外を見守っているような・・・。

結局時間をかけ、ぬかるみにタイヤがはまりませんように、と祈りながらバックで戻ることができました。

カーナビに頼り切った状態で、やたらめったら知らない道を通るものではありませんね。

グーグルマップで確認してみました。
chemin rural
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Copyright©シシィのブログ

アルバム
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
ウォルフィー: MADE TO LOVE WOLFY OF KARASEA
父: EVELEST-SISCO DES LUMIERES DE L'OSTREVANT
母: HIGHT SECRET IN LOVE OF KARASEA

にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
アイウエオ順リンク
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示