2014. 05. 23  
(先日の記事の追記にも同じことを書きましたが)

国籍取得について大使館へ問い合わせたところ、

「国籍選択は22歳以降でも全然大丈夫なので、お子さんまだ学生ですし、今はまだ早すぎると思います。もう少しお考えになった方がよろしいかと思います。」

とのアドバイスを受けました。

国籍を選択してしまうと、いろいろと、可能性が制限されてしまうことがあるそうです。

例えば、日仏間で留学したい場合など。

ですので私も、というより、子供たちが将来必要に応じて、国籍を選択せざるを得ない日まで、見守ることにしようと思いました。
関連記事
NEXT Entry
初めての芝刈りはちょと大変だった。
NEW Topics
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
ウォルフィーの新しいハーネス
娘の引っ越しでナントへ。
ミュージシャン、ウォルフィー。
靴紐を吐いた!(ウォルフィー8ヶ月)
朝焼け
花とサモエド
ウォルフィーの小さな目。
フランス語名詞化辞典コピー、その後。
今まで一番大変だったシャンプー。
ムーランへ、滞在許可証の住所変更 / クレルモン・フェランのIKEAへ。
サモエド対コーカシアン・シェパード・ドッグの戦い!?
ピュイ・ド・ドームへ山登り。
Comment
なるほど 大使館までといあわせてくださって 
大使館がそういう返答だと 安心しました

そうですよね いずれ 留学とかそういうことがあるかもしれないですもんね 
貴重な情報をありがとうございました。
大使館からの返答がこのように寛容な対応であると安心できますね。
うちの子供たちもとりあえずパスポートの更新を続けようと思います。
かぼちゃんへ
日本の国籍選択、ということになると、どういう手続きがあるのか知りたかったのですが、と電話口で聞いたのですが、いろいろと親切に相談に乗ってくださいました。手続き云々より、上のアドバイスのようにそれ以前のことですが。困ったときは直接電話で聞いてみるものですね(←緊張しますが)。(^^);
MONSさんへ
子供たち、せめてパスポートの申請書くらいは自分でかけるくらいになって欲しいものです。次回、アランのパスポート更新は22歳です~(ちょっとドキドキ)
その時はまたご報告しますね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム