2015. 11. 13  
9月のマンモグラフィーで、心配はないけれど念の為もっと検査をした方がいい、ということになって、今日はわざわざパリまで出かけ、MRI とバイオプシーをしてきました。

こういう検査は私にとっては今回が初めてでしたが、結構周りの、私より少し年上の人たちに聞くと、みんなやっている、とのことです。

MRIはフランス語ではIRM。
装置のベッド?にうつぶせになると、音楽の鳴るヘッドフォンをつけてくれました。
なるほど、撮影時間は15分くらいでしたが、その間機械の電子音がビービービーとか、ブルブルブルとか、すごくうるさかったです。

バイオプシーの方は、横たわった態勢でマンモグラフィーの時のように胸を挟んだ状態で行われたのですが、痛くないですよ、と言われていたけれど、麻酔が利くまではちょっとチクっと来ました。
ドラマ、『無痛』の為頼先生の顔が浮かびました。
検査も治療も、無痛が一番ですね。

IRM : MRI, 核磁気共鳴画像

Biopsie (f.) : 生体組織診断、生検、バイオプシー

【追記】

パリに出かける前に、午前中配管工の職人さんたちが、暖房のラジエーターを交換する工事に来ていた。

「これから出かけてしまうので、すみませんが工事が終わったら鍵をかけて郵便受けに鍵を入れておいてください。帰り際、犬に一声かけて頂ければありがたいです。」

と、おやつのガムをもらって留守を任されたロメオ。

2015-11-13.jpg

関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
NEXT Entry
パリは大変なことになっています。
NEW Topics
サモエドのハイタッチ!
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム