2016. 01. 26  
最近、電車 (RER) に乗って、夫とパリへ出かける機会が何度かあったのですが、普段乘り慣れていない故、いろいろとハプニングがありました。

その二「駅の改札から出られない」

夫「なんで改札が開かないんだ!」

私の方も、切符を通してもはねられてしまい、自動改札扉が開かず、外に出られません。
切符の裏表を確認して見ると、自動改札機を通したはずなのに、印字がされていません。
乗車したのは田舎の駅なので、構内に入るのには改札扉がなく、自動改札機に切符を通して印字するだけでした。
多分、自動改札機が故障していたのか、挿入口の奥までしっかり入っていなかったのでしょう。

私「今日は車内で検査員に会わなくてラッキーだったけれど、これじゃあ出られないわね。」

でも、罰金を払う覚悟で駅員さんを探すも、自動改札なので周りには見当りません。
二人で切符をもってウロウロしていると、「出れねー」、と騒いでいる(汗)夫の方へ年配のマダムが声をかけてくださいました。

マダム「出られなくなっちゃったの?私の後ろについてきて。一緒に出ましょう。」

無事に改札を出られた夫。私もとっさに近くの女学生に声をかけました。

私「ごめんなさい、出られなくなってしまったの。助けてくださる?」

女学生「OK、私の後ろについてきて。」

と、一緒に改札を通してもらい、助けてもらいました。

教訓 : 改札扉のない駅からの乗車にて、自動改札機に切符を入れる際には、印字がきちんとされているか指さし確認すること。機械の性能を信じるな。
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
NEXT Entry
電車(RER)ハプニング③ マダムが改札に挟まれてしまった!
NEW Topics
サモエドのハイタッチ!
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム