パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

深夜のバス

パリ近郊、RER(地域圏急行鉄道網、ウィキペディア訳)沿線に住んでいる。
昨夜の出来事。
息子がパリで仲の良い友達とのお別れ会があって、夜23時ごろに帰ると言っていたのが、もっと遅くなるから家の鍵空けといて、とショートメールで連絡があった。
ベッドの中でうつらうつら待っていたがなかなか帰ってこない。
心配で最終列車の到着が過ぎた頃、深夜1時過ぎに携帯に電話を入れたら友人のニコラ、コンタン、トマ、ミカエルとバスの中だと言う(これから四人連れて帰ってくるのか!?)。
RERは最終列車がなくなると代わりに深夜バスの運行になる。終電逃しても帰宅できるのは助かるけれど、夜遊びの助長なっては困るなあ。まあ今回はお別れ会ということだし。
で、結局泊まった友人たちは日が変わった今日の夕方まで、家で遊んで過ごしていた。
この秋からは、ニコラはリヨンへ、息子はランスへ、トマとコンタンはパリの学校で、と離れ離れになる。寂しいのはわかるけど、もう9月も半ば。そろそろ勉強して欲しいよ。
関連記事
【 2016/09/17 】 日々のこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する