RERで座席に足を乗せて罰金50ユーロ(6千142円)

今日、娘がRER電車内で座席に足を乗せていたとのことで現金50ユーロの罰金を払いました。
(だから以前からあれほど足を乗せるなって言っていたのにー)

18歳の娘の今日の出来事。
私が帰宅すると娘が意気消沈で、現金で50ユーロの罰金を払ったという・・・。
一瞬、夫の交通違反での罰金に慣れていた私は、車の運転をしない娘がなぜ?と思ったのだけれど、通学で使っている電車内でとのこと。

コントローラーと呼ばれる検札係が、乗車券の有無をチェックしたあと、
「お嬢さん、足を座席に乗せていましたね。」
ということで、違反切符を切られたそう。

違反金の60ユーロを払うクレジットカードも、身分証明書も持ち合わせていなかった彼女。違反金に加え、身分証明書不携帯でさらに60ユーロの罰金(procès-verbal ?) 、定期券の Carte Navigo 差し押さえを命じられたそうです。

お財布に、家族のクリスマスプレゼントを買おうと思って入れていた現金を数えると49.50ユーロありました。その場で現金支払いなら50ユーロの罰金で済むそうですが、50セント(50円くらい)たりません。50円足らなくても違反は違反、コントローラーは、120ユーロの罰金+定期券の差し押さえをしようとしましたが、降車駅に着く寸前で車内に偶然友人を見つけた娘は、友人に50円を借り、なんとか最低限の50ユーロの違反金で済んだとのことでした。

その話を夜、地方に住む兄に電話した娘。息子も、以前電車内でそんな場面にあったそうですが(←だから足を椅子に乗せるなって言ってのにー!)、その場合検札係の人には「足を下ろすように」と、注意されただけで済んだそうです。罰金を払わずに済んだのは助かりましたが、でもそれってなんか男女差別?

なにはともあれ、マナーの悪いひよっこ成人に社会の厳しさを教えてくれた検札係の人に感謝です・・・(でも本音はちょっぴり怒)

関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

ええ 足を乗せてて罰金なんですね
はじめて聞きました!
確かに 誰かがやっていれば 汚いな・・・・ と 思うし 取られて当然? でも 自分の子がというか身内が払ったならば・・・・ って 思ってしまいますね。
これから うちの子たちも大きくなるので 気を付けます!

Re: お久しぶりです

かぼちゃん、こんにちは!コメント嬉しいです。ありがとう^^
そうなんですよー、罰金になってしまいました・・・私も初めて知りました!
コントローラーがナビゴチェックした後、でも足を乗せていましたね、て。

靴を脱いで足を乗せていたらどうだったんでしょうね~
まあ、娘にとって良い教訓になりました(T_T

日本より厳しい!

冬らしいデザインになりましたね!
昨日はコメントありがとうございました。今日は会社帰りに早速50Lのスポーツバッグを買ってきました。これ以上大きいとスーツケースに入らない限界サイズ。気が早いと言われそうだけど、年末セールで安かったんです(笑)

RERで罰金とは。。。日本では電車を遅らせるくらいヒドイ場合でないと罰金はないですね。フランスのマナーが悪いのか、RERが少しでも収益を上げようとしているのか…(苦笑)

話は変わりますが、私のブログにシシィさんのブログをリンクさせてもいいですか?私のブログは意外とアクセスがあるので、リンク先もアクセスが増えるようです。あまり多くの人に見られない方がいいなら、リンクしないで個人的にお気に入りにしておきますが…。よかったら言って下さいね。

Re: 日本より厳しい!

Kaoluluさん、こちらこそいつもコメントありがとうございます!
セールで良いバッグが見つかって良かったですね^^
昨日は、インターネットで子供のReimsまでのTGVチケットを選びながらKaoluluさんのフランス旅行のことを考えていました。同じ線でも、日付や時間によって値段もバラバラなんですね。一番安かった20ユーロというのを買いました。

RERの罰金は私も驚きましたが、日本ではまず座席の上に靴を乗せたまま足を乗せる発想とかないですよね!よっぽど足が痛いとかで乗せるとしても、日本人だったら全員ちゃんと靴を脱いでいそうですし。フランス人のマナーが悪すぎなのでしょう。

リンクですが、もちろんしていただければ大変光栄です!・・・ですが、あまり定期的に更新もしていないので、Kaoluluさんの心のお気に入りにリンクしていただいていればそれで満足です^^ ありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いしますね^^

Copyright©シシィのブログ

アルバム
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
ウォルフィー: MADE TO LOVE WOLFY OF KARASEA
父: EVELEST-SISCO DES LUMIERES DE L'OSTREVANT
母: HIGHT SECRET IN LOVE OF KARASEA

にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
アイウエオ順リンク
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示