パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

フォンテーヌブロー、中古一戸建て内見。

昨日は、パリから南に下って70キロほどのところにある、フォンテーヌブローの近くの町へ内見させてもらいに行ってきました。

不動産個人売買のサイト(pap.fr)を見て、明るいテラスや、ロマンチックな内装の写真がとても素敵だったのですが、やはり実物を見ないとわからないものですね。

まずは屋根の修理に3万ユーロ(400万円くらい?)かかるとのこと。1850年代に建てられた家を改装して、民宿(Chambre d'hôte)をしていたそうですが、内壁のひび割れを修理した後があったりで、今後の工事費を考えるとやっぱり無理そうでした。

家の内見、毎回ウォルフィーと一緒に出かけているので、彼もだいぶ車慣れしたようです。

昨夜は、お世話になっている不動産屋さんが来て、ここの家を6月中旬に明け渡します、という書類にサインをしました。5月下旬ではなくて良かったー。

B57B0158.jpg 
素敵だった物件テラス↑
関連記事
【 2017/03/18 】 2017年家の売却と引っ越し | TB(-) | CM(2)
お引越しの手続き等、シシィちゃん♬本当にお疲れ様です。
こちらと違って流石です。
色々複雑なことが多いと思います。
私も去年の年末、会社を10年ぶりに移転し、とっても大変でした。
まだ片付いていません。。。
ご自宅となれば本当に慎重に色々なことに対応なされることが多いことと
思います。良い方向に必ず向かっていますのでどうぞ応援していますね。
【 2017/03/18 】 編集
沙羅ちゃんへ、
沙羅ちゃん、まだ住むところが決まらないのがストレスです~
なかなかアトリエを設けることのできる物件が見つかりません。

会社の移転は、本当に大変ですね。
沙羅ちゃんと同じころ、私たちも事務所と、300平米分の在庫を移動して・・・同じくまだ片付いていません。
自宅の方がまだ簡単ですね。
でも、お互い頑張りましょうね!p(^o^)q
【 2017/03/18 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する