ウォルフィーの小さな目。

夕方、ドッグランで遊ばせていたときに犬パンチをくらったようで、翌日右目が腫れて目やにがとまらず、獣医さんのところへ行ってきました。

目薬は点滴液ではなく、眼軟膏を処方してもらい、そうそう、そういえばジュリエットのときも、軟膏タイプの目薬塗ったなあ。これなら慣れてるから大丈夫!と懐かしく思い出していたのですが、帰宅してウォルフィーに塗ろうとすると、なかなかうまく塗れない。目に入らない。なんでだろうと思ったら、ウォルフィーのほうが目が小さかったのでした^^;
ウォルフィー、でもお目目小さくても可愛いよー。

あと、病院では体重を計ったら19.4キロ。
やせているので30%くらいごはんの量を増やしましょうとのことでした。

↓病院の帰り、ウォルフィーのおもちゃを買いに、ガーデニングショップのジャルディランドJardiland へ。ウサギのところへ近づくと、ガラス越しにウォルフィーのところへ小さなウサギがわらわら寄ってきて、可愛かったです!
2017-09-01.jpg 
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウォルフィー君のお目目が早く治りますように。
まるるも目が小さいんですよ。
でも、それはそれで可愛いですよね。
体重は16,7キロでした。

うさぎさん達もウォルフィー君に近づいてきてくれて可愛いですね。
前に、みなみが子ヤギさん達を見に行った時には、子ヤギさん達は怖くて5匹で固まっていました。

みなみママさんへ

ありがとうございます。
おかげさまで、ウォルフィー軟膏にも慣れてきたようで、塗る間じっとしていてくれるようになりました。
順調に良くなっているようです。

サモエドは毛が多い分、大型犬の飼い主さんなどが抱っこすると軽くてびっくりされますね。
見かけは同じくらいの大きさなのに。

まるるちゃんと子ヤギたち、見たかったなー(笑)
こちらでは、牛を見に行ったら、柵はあるものの遠くから群れがどんどん近づいてきて、ウォルフィー怯えていました。

Copyright©シシィのブログ

アルバム
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
アイウエオ順リンク
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示