2012. 02. 07  
先日の記事で、銀行に海外送金を頼んだら、ドルで頼んだのに間違えてユーロで送っちゃった件で、送金先で取引先中国の会社からメールが来ました。

「ドル建てのはずなのに、ユーロで送金されてきたけれど、差額多い分どうする?」

きっと、なんてお馬鹿なフランス人、と思われていることでしょう・・・。

結局、BNP PARIBASから連絡が入り(←というか、今朝こちらから催促の電話をかけた)差額を返金してもらえることになりました。 (それでも、差額を移動するのにかかる手数料をまた追加でとられていそうですが・・・)
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
NEXT Entry
アスベスト疑惑解消。
NEW Topics
今朝の散歩、ドッグラン。
サモエドのハイタッチ!
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
Comment
まとめ読み
以前の日記で読んでいない所をまとめて読んでいます。

→本当はこんな優雅な事している余裕ないけど、現実逃避だい!

ドル建てとユーロ(その頃はユーロがないからポンドとかフランとか)
すなわち通貨の種類を間違えた事は無いけど、15万ドルと5万ドルを間違って送ってしまった事がある(--;)
新人時代の事でした。
通常だとチェック機能があるからそんな単純なミスで相手国の銀行まで資金が移動しないのだけど。その時は偶然に偶然が重なってしまい・・・。

それで買い付ける予定の品物が流れそうになって、そのお客さんヤ○○だったから、報復が怖くて・・・。
ミスに気づいた時には本当に顔からサーっと血の気が引きました・・・・。貧血起こしたよ・・・(^^;)



Re: まとめ読み
メガバンクなのにBNPPARIBASにはチェック機能がないんだろうか?
せっちゃん、大変な目にあったんだねえ・・・やはり間違えられると本当に困るからねえ・・・^^;
でも、日本だったらミスに気づいたら、仮に一円のミスでも最善をつくしてフォローにあたってくれそうだけれど、フランスの銀行はごまかそうとするから(>_<)
今は送金お願いするときは最大フォント文字使っています。(それでも不安)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム