シシィのブログ~サモエドと一緒~

日々の生活を書き散らしています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

物件:ランブイエ Rambouillet +追記(ちょっと愚痴モード)

物件サイトめぐりが趣味化している今日この頃ですので、適当にお読み過ごしください^^;

今日は、ランブイエの不動産屋サイトで一件、興味深い物件を見つけました。
パリ近郊に見られる、ムリエールMEULIEREと呼ばれる建築様式で、20世紀始めのころに建てられた石造りスタイルの家です。

images.jpg


1930年築。

駅まで600メートル、学校・商店街まで1キロメートル、大きなスーパーまで2キロメートル。

不動産屋サイトの写真に番地が写っていたので、住所を突き止めることが出来てしまいました。なので、土地台帳(Cadastre)のマップも調べることが出来てしまいました。グーグルアースで空からもチェックしてしまいました・・・インターネットって本当に便利。

普通、不動産屋さんって、場所が分からないように写真を撮るときもとても気を使うそうですが、番地が写っているって、これはなにかの戦略なのでしょうか?

外見は素敵・・・でも、肝心の内装は写真が一枚もありませんでした。外見だけがとりえの家とか?

問い合わせようと電話をしてみましたがあいにく月曜日の今日はお休みだったようです。
明日電話してみます。


《追記》

不動産屋へ(夫が)電話したところ、今度敷地のすぐ後ろに分譲住宅が建設されることになり、この家のガレージが取り壊され庭も削られることになったので、現在お買い得価格になっている、ということでした。

また内装は、電気工事や、断熱工事も必要とのことで、費用が大変かかりそうだし、夫の仕事場を作る場所もなく、今回もやはりだめでした。

夫は、町中の便利なところで、居心地の良いところなら家が小さくてもかまわない、といいつつ、家の中には各自の大きな個室と、大きな仕事場が必要、と思っているので埒が明きません(-_-;

前回の家は周囲に人が居なさ過ぎて駄目、今度は回りに人が沢山来すぎるからだめと言っているし・・・あ、だんだん愚痴モードに入ってしまいました(>_<)
関連記事
【 2012/01/02 】 2011~12年家の買い替え | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する