一晩寝かせて考えるということ。

さて、前回の記事で、夫がようやくみつけた!と、騒いでいた家ですが、一晩寝てよく検討してみると、どうやら180度考えが変わってきたようです。(そんなにすぐ変わっちゃうの?)

例えば;

・各寝室がそれなりに広さがある、と思ったけれど、クローゼットが無いから家具を置くと狭くなる。

・マスタースイートルーム(suite-parental)がない。

・リビングが狭くて、大型テレビが置けない(実際小さな古いテレビが置いてある)。

・ガレージが無駄に広い。

・シャワールームにはシンクだけで水はね防止用のパネルすらない。

・キッチンが小さく間取りも悪い、というか、これ簡易キッチン?(置いてあるのは身長以下の小さな冷蔵庫。)

・地下室、屋根裏へのアクセスが梯子で(体の大きい夫にとっては)不可能に近い。

・全体的に間取りが時代遅れの印象。

・外壁や屋根、庭の手入れが行き届いてない。門も壊れて外してある(別荘として使っていたんじゃないの?)。

なぜ売り出されて一年以上たっているのか、理由がわかるようでした。

この建物にして、不動産相場から見ると値段が高すぎます。

売りに出すためのリフォームが全然されていません。

ネット検索で該当する、同じ値段の家がすばらしく映ります。

・大きなマスタースイートルーム。

・広く機能的なキッチン。

・広々とした間取り。

・張り替えられたばかりの屋根。

・手入れの届いた家の外観と庭。

ただ、今回の家がいいなと思ったのは駅や学校に近い立地条件と仕事場、アトリエ。

ということで、リフォームすれば快適に住めるんじゃないかという結論に達し、リフォーム代を差し引いた金額でオファーしてみました。

メールで詳細を説明したものを今日、土曜日の昼過ぎに不動産屋へ送信しましたが、まだ返事はありません。

計算したら約18パーセント引きの価格になってしまったので、全くだめもとです。

大切なことの真実を見極めるためには、まずは一晩でも二晩でも良く寝かせて、熟考するものだなと実感しています。

それと、今回のことでとりあえず家探しは一区切りつけて休息をとり(新しい物件も全然入ってこないので)、来年2月中旬、ここを売った金額が入金されたら、あらた家探しに取り組みたいと思います。


《追記》(2011年12月20日)

値段交渉の件は、交渉どころか売主さんからも、不動産屋から一切連絡は無く、物件を取り下げてしまったようで不動産サイトからは消えてしまいました・・・。

《追記2》(2012年2月11日)

この物件、不動産を変えたようで、違う二件の不動産広告に載っていました。
値段も、少し下がったようです。(といっても、2%程度・・・、売れないと思う。)

665b27ad-693f.jpg

img_1040434_29943106_0.jpg
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

Copyright©シシィのブログ

アルバム
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新記事
カテゴリ
アイウエオ順リンク
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示