2012. 03. 12  
翌日は7時半起床。持ってきたネットブックでメールチェックしたり、子供達とホテルでゆっくり朝食を取りました。絞りたてのオレンジジュースが美味しかったです。

もう一度お家の中を見せて頂くので、約束のお昼前の時間に売主さんのところを訪れ、お土産のチョコレートを渡し、写真もまた撮らせて頂きました。

庭には、春の可憐な花が咲き始めていて、小さな白いマーガレットや、ピンクの桜草、水仙の花・・・ああ、また野草の花が咲く、庭のある暮らしに戻って来るんだなあ、と嬉しくなりました。

400xIMG_0182_20120312202547.jpg

400xIMG_0175.jpg
売主さんと私。

400xIMG_0160_20120312202548.jpg
こちらがお家。

お昼に一度売主さんと別れ、昼食をとり、その後またいっしょの車で公証人の事務所へ行くので売主さんを迎えに行き、売主さんの案内で事務所に到着しました。

売主さんですが、今年80歳を迎えられる、お子さんが二人いらっしゃる未亡人のマダムです。会社のあるこの自宅で一緒にお仕事をされていたご主人を7年前に亡くされ、家を売った後は、カンヌの海の見えるアパート(すでに購入されている)へ引っ越すそうです。75歳までお仕事をされていたとのことで、今もとてもかくしゃくとしていらっしゃいます。

公証人事務所では、公証人が契約書を読み上げ、細かい点を修正し、それにサインするのにだいたい二時間程かかりました。その後、家の価格の10%に、前払い分手数料500ユーロを加えた金額の小切手を渡しました。この小切手は、しばらくしたら公証人専用の口座に入金されるそうです。クーリングオフの7日間の期間が過ぎた頃でしょうか。

事前にメールで、身分証明書としてのパスポート、家族手帳のコピーは送ってあり、小切手の金額やあて先などの説明も受けていました。それと必要だったのは住所を確認するので、私の滞在許可証のコピー(今回持参していました)。公証人の方は、支払った小切手のコピーをとって渡してくれましたが、こういう場合の小切手のコピーはちゃんととって置くものなのですね。

こうして、仮契約の手続きが終わったと、公証人の方と売主さんが教えてくれましたが、今回の契約までにはいろいろとあったそうです。

1月に、夫が売主さんに家を買いたいと電話を入れたときは、実は公証人の事務所まで来ていながら、他の買主さんとの仮契約が決裂した翌日だったそうです(契約書のサインはなかったとのこと)。

なんでも、高飛車で人を見下したような酷い買主さんご夫婦だったそうで、詳しいことは分かりませんが、売主さんはショックで声が出なくなってしまうほどの酷い侮辱を受けたとのこと。今でも嫌がらせのメールを送ってくるそうで、売主さんは公証人の方にその携帯メールの内容を見せていました。公証人の方が言うには、実は購入力がないのに売主さんを脅して?なんとか価格を下げさせ、強引に手に入れたかったのでは、ということです。

他にも、55歳で住宅ローン Prêt relais が通らなかった買主さん含め、9人(9組)の候補者がいたらしく、私達より高値で買いたい、と言う人もいたそうです。・・・私達は運が良かったのかもしれません。

公証人の事務所を後にし、途中、車のガソリン切れになるというハプニングがありましたが(売主さん乗せているのに!)、幸い歩いていける距離にガソリンスタンドがあったので、大事に至らず済みました・・・これが通勤ラッシュの高速道路の真ん中だったら、と思うと背筋がぞっとします。

売主さんをご自宅にお送りし、私達はホテルへと帰宅。
長いような、あっという間の一日でした。
最終契約でここへ戻ってくるのは、約3ヵ月後になります。

400xIMG_0187.jpg

にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
《追記》
仮契約で金曜日に渡した小切手、翌週水曜日にはしっかり引き落とされていました。
関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
パリ郊外へ2泊3日 3日目
NEW Topics
サモエドのハイタッチ!
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
おねだりウォルフィー。
Comment
No title
お疲れ様でした~。無事に仮契約が済んで何よりでしたね。それにしてもそんなにたくさんの購入希望者がいた中で、この家がシシィさんご家族の家になったということは、売主さんだけでなく、この家自身がシシィさんたちにここに住んで欲しいっていう気持ちを持っていたのかも…な~んて感じました。本当に希望通りのおうちが見つかってよかったですね。
ホッ!
あ~本当によかったわねぇ。
長い時間をかけて探しあてただけのことはある、シシイたちをずっと待ってくれていた家なのねぇ。

それにしても酷い買主がいるものだわ。
売主さんもシシイたちのような素敵な一家に買ってもらえるのは嬉しいことでしょう。
Re: No title
ありがとうございます~、ようやくサイン済みました。
なんだかMONSさんのコメントにじーんとしてしまいました。売主さん家族の思い出が沢山詰まったお家、縁あって出会えたのですから私たちもそこでまた家族の歴史を重ね、良い思い出を沢山作っていきたいと思います^^
MONSさんもまた是非ご協力お願いしますね(^_-)☆
Re: ホッ!
クレラン、一緒にほっとしてくれてありがとー(^-^)/
長い時間をかけて、と言われてみれば長かったねえ・・・これで公証人に横取りされていたらぶち切れちゃったよ。待っていてくれているマイホームというのは、やっぱり存在していたよクレラン。まだ最終契約残っているけれど。
でもって、Gパパは既に住んでいる勢いで、図面を色々描いているよ。新しい家に喜んでもらえるよう頑張るよ。私もこれから引越しが楽しみ。またゴミ袋買ってこなくちゃ!!
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム