2006. 06. 06  
一階のダイニング、窓の下の壁が水漏れで剥がれ、同じく階段の下の部分の壁がぼろぼろのクローゼットを修理してもらうので大工さんが一日入っていた。

犬舎のあるところが通り道になるので、(吠えるから)犬たちを2階へ非難させ、監視役で今日の昼間は一日中犬達と引きこもりだった。

なので夕食の買い物は子供達を学校へ迎えに行った後。やっぱり子供達を連れだとお菓子を余計に買わされた。お腹も空いているし。ま、でも毎日じゃないし、たまには子供の好きなお菓子でも買ってみるか。

スーパーのお惣菜コーナーで、子供たちの好きなジャンボノ(jambonneau 豚のすね肉をとっくり形にし、塩を入れたつけ込み液に漬け、時には燻製したりゆでたハム / 白水社 フランス料理用語辞典より) )のローストを買おうと、ローストコーナー近くの店員さんの手の空くのを待って声をかけたのに、こっちを見たくせに無視され裏へ行ってしまった。フランスの店員の不親切さにはわかっているけれど、やっぱり不親切にされると腹が立って悲しくなる。ついでにお腹も空いていたから悲しみは倍増だ。

しょぼんと諦めて立ち去ろうとしたら、離れて他の仕事をしていたマダムが気づいて、『何か欲しいの?』と聞いてくれた。『今これ包んだら行くから。』と声をかけてくれた。こういう時って気持が救われる。心を込めて『ありがとう、マダム。』と礼を述べた。(ハムを売ってもらっただけなんだけどさ...)
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
NEXT Entry
2006-06-08(木) 美容院へ
NEW Topics
今朝の散歩、ドッグラン。
サモエドのハイタッチ!
コッカーのリチくんと遊ぶ。
レオンベルガー夫妻。
犬と散歩中、ちょっと怖い思いをしました。
今朝も寒い~
寒い朝。
テレビを見るサモエド。
朝の散歩。
サモエド月齢9か月・・・ウォルフィーの性格が変わってきた。
ウォルフィー、左後ろ足の震えは坐骨神経痛。
町の駅
リスが欲しい!
SNCFのカルトジュンヌ Carte Jeune
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
1994年からフランス暮らし。2017年夏、パリ郊外よりフランス中央のアリエ県に引っ越してきました。
4代目サモエド犬ウォルフィーは2016年12月21日生まれの男の子です。
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
月別アーカイブ
検索フォーム