パリ郊外~サモエドと一緒

日々の生活記録を書き散らしています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

仔サモ、ウォルフィーと最初の一週間。

生後2か月と4日目。体重は5900グラム。

最初の5日間は、ケージを高校生の娘の部屋に置いて夜を過ごしました。
ケージをリビングルームに移動した6日目土曜日の夜、翌朝、夜泣きもせずよく寝てるなーとリビングルームを覗いてみると、ケージの横にマットレスを敷いて息子が添い寝していました。ちょうど、2週間の企業研修で帰宅していたので。でも、その息子も今日はランスへ帰っていきました。

今日は、娘がウォルフィーを初シャンプーして、良い匂いになりました^^
20170227055010309.jpg 
【 2017/02/27 】 サモエド | TB(-) | CM(2)

はじめまして。ぼくウォルフィーです。

20170222_083205 400x300 

 20170222_082604 400x300 

20170222_083155.jpg 

縁あって、仔サモを迎えました。
2016年12月22日生まれの男の子、ウォルフィーといいます。
名前は、モーツァルトの愛称あたりからとりました。
まだたったの生後2カ月。どうぞよろしくお願いします!
【 2017/02/24 】 サモエド | TB(-) | CM(12)

ケージが届きました。

ブリーダーさんに特大サイズのケージを購入するようアドバイスされ、zooplus.fr で一番大きかった、118x76x88(H)cm のメタルケージが到着しました。20キロ以上あって重い!
110ユーロなり。でも店頭で買うより70ユーロも安かったです。
夜、一緒に寝られるようにと、娘の部屋に組み立てました。
【 2017/02/07 】 サモエド | TB(-) | CM(0)

会ってきました。

夫、娘とともにカラゼア犬舎のある、Aubigny-sur-Nère まで仔犬を選びに車で出かけました。(ランスで勉強中の息子は、遠くて今回は来れませんでした。)

生後30日の男の子。
ウォルフィーです。
はじめまして!
2017-01-23-01.jpg

我が家へ来るのはあと一か月後になります。
【 2017/01/23 】 サモエド | TB(-) | CM(8)

サモエド・キング (YOUTUBE)

娘に教えてもらった動画があまりにもかわいかったので・・・(*^-^*)  

  circle of life
【 2017/01/21 】 サモエド | TB(-) | CM(4)

ブリーダーさんから仔犬誕生の電話。

ジュリエット、ロメオ、シシィでお世話になったカラゼア犬舎から電話がかかってきました。仔犬が誕生したとのこと。なんと、今回は3つのお産が重なり(うち一つは予定外だったそう)、さすがのブリーダーさんもてんてこまいのようです。取りあえず明日200ユーロの予約金を小切手で郵送します。
【 2016/12/23 】 サモエド | TB(-) | CM(0)

サモエド犬に会った!ランスのクリスマス市で。

昨日の土曜日は、ランスの学校へ通っている息子に会いに行きました。
週末で賑わうランスのクリスマス市、そこで真っ白な、大きくてフワフワのサモエドに会いました!

ロメオより一回り大きな印象で、飼い主さんファミリーと少しお話させていただいたところ、体高60cm あるそうです。4歳の男の子で名前はアユック Hayouk くん。フランス北部のサモエド犬舎、Winky bow how 出身とのこと。かっこよくて惚れ惚れしてしまいました!

20161210_115417 400
【 2016/12/11 】 サモエド | TB(-) | CM(0)

ジュリエットが迎えに来たようです。

今朝ロメオの容態が変わったと入院先の動物病院から連絡が入り、家族の見守る中、安楽死となりました。
15歳と3日でした。
ロメオを心配してくださった皆さま、ありがとうございました。
天国には大好きなシシィも、ジュリエットもいるので寂しくないと思います。
【 2016/05/28 】 サモエド | TB(-) | CM(12)

ジュリエットのヒナゲシが咲いた

去年の初夏の頃、夕暮れにジュリエットを息子と散歩させながら、道端に咲いているヒナゲシの花をジュリエットの首輪に飾って、似合うよ、可愛いねーなんて言いながら帰宅した後、その根っこがついたヒナゲシを何気に庭の隅に植えました。
それがまさか翌年に花を咲かすなんて!
何だか、ジュリエットがヒナゲシになって帰ってきてくれたみたいです。

2016-05-27.jpg
【 2016/05/27 】 サモエド | TB(-) | CM(2)

ロメオ、誕生日に胃捻転

「これからオペの先生を呼び出して手術をしますが、手術が上手くいかなかったらその時はご連絡します。連絡が無かったら成功ですので、明日の朝9時半に電話をしてください。」
幸い手術で一命をとりとめ、翌日の今日現在動物病院に入院しているロメオは、昨夜突然胃捻転になってしまいました。

昨夜9時過ぎ頃からロメオに異変が起きて、鳴きながら庭を歩き回り、吐こうとしても吐けません。
救急の獣医さんSOS vétérinaire に電話をして来てもらいましたが、一刻を争うとのことで、痛み止めのモルヒネを注射してもらった後11時過ぎ、車で20分ほどのところの、24時間対応の病院に連れて行きました。(救急の獣医さんを呼ばず、直接病院へ連れていけばよかった。)
15歳の高齢犬ということもあり成功率は50%。手術をするか、安楽死させるか、決断を迫られましたが、助かるかもしれないのに安楽死なんてありえません。ロメオを獣医さんの手にゆだね、寝付けない夜を過ごしました。

今朝、9時半に電話でロメオの手術が上手くいったことを確認した後、オペをしてくれた先生から電話がかかってきました。
心臓も、手術して捻転が再発しないよう固定された胃も問題なく機能しているとのこと、ただ高齢のためショックが大きいので、回復までにまだ少し時間がかかるそうです。今日、また夕方に電話をして様子を聞きます。

2016-05-26.jpg




【 2016/05/26 】 サモエド | TB(-) | CM(-)