FC2ブログ
2012. 12. 03  
セントラルヒーティングの修理が終わり、やっと家が温まってきました。

故障していたのは温水循環ポンプで、交換したら今まで具合の悪かったラジエーターもパネル全体がすっかり温まるようになりました。温水を押し上げる圧力にかけていたんですね。(ラジエーター、交換してしまわなくて良かった!)

セントラルヒーティングは、暖房が必要な季節になって一度スイッチを入れたら、温度は下げても暖かくなる季節まで、なるべくならスイッチは切らない方が良いということもはじめて知りました。

南仏コゴランに住んでいたころは、各部屋の壁に取り付けるタイプの電気ストーブだったので、それこそ入れたり切ったり頻繁にしていましたが、セントラルヒーティングでそれをやると故障の原因になる、とのことでした。(←今回の故障の原因は私かも・・・)
関連記事
にほんブログ村 犬ブログ サモエドへ にほんブログ村 犬ブログ 犬絵・犬漫画へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
NEXT Entry
税務調査の日。フランス生活&ビジネスにすごく参考になります、コクボコミュニケーション
NEW Topics
夜中の2時半の出来事
夕食はローストチキン
不正利用されたクレカの金額が返金されました!
水彩 秋のサモエド
日曜日の少し長めの散歩
のんびりした土曜日
犬の絵 サモエドとあじさいとぬいぐるみ
草刈の日
水彩画 庭のサモエド
川沿いのレストランへ
プロフィール

シシィ

Author:シシィ
フランス暮らし。50代主婦。オーヴェルニュ地方に住んでいます。
サモエド犬のWolfyは、2016年12月21日生まれの男の子です。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログカウンター
いくつになったの?(^^♪
にほんブログ村